次元幽閉(じげんゆうへい)/Dimensional Prison》

通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時、
攻撃モンスター1体を選択して発動できる。
選択した攻撃モンスターをゲームから除外する。

 遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2008 付属カードで登場した通常罠
 攻撃モンスター対象にとり除外する効果を持つ。

 このカードと同じ発動条件を持つ単体除去カード《炸裂装甲》がある。
 《スターダスト・ドラゴン》等の破壊耐性を持つカードに比べ、除外耐性のみを持つカードは少なく、除外することで相手墓地利用を許さない。
 破壊されないモンスター除去でき、再利用を封じやすくデメリットもない除去仕様から、数多ある攻撃宣言反応型の単体除去罠カードの性能指標としてもよく扱われるカードである。

 弱点としては、《王宮の鉄壁》等で除外を封じられると使用不能になる点や、《異次元の生還者》などを除外してもアドバンテージを得られない、除外軸のデッキ相手にする場合に展開を助長する恐れがある点。
 しかし、そうしたデッキ自体がまず少なく、仮に当ったとしてもディスアドバンテージに繋がることは稀であり、ほとんど気にする点ではないだろう。

 また、攻撃反応型罠カード全般に言える事だが、発動時の戦果が大きいもののメインフェイズ1での伏せ除去に対して非常に危うい。
 類似カードと同様、過信はしないで発動出来なかった場合も想定するようにしたい。

  • 公式サイトの「かーどビング通信」においては、「効果破壊耐性を持つモンスターへのメタカード」として《鳳翼の爆風》と比較された。
    同時に「キミはどっち派?」のコーナーにおいてどちらが使いやすいかも投票が行われたが、結果こちらが8割近い票を得ている。
  • アニメでのイラストOCGと色合いが多少異なっている。
  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vsマスター・イビル」戦において、 マスター・イビルが使用。
  • アニメARC-V初期に数回登場したストロング石島のCMで、このカードが確認できる。
    第95話では行政評議会ビルを包囲していたセキュリティ隊員がセットしていたが、《DDD双暁王カリ・ユガ》効果破壊された。
    118話ではイーサンが謎のデュエリストに投げつけたカードの1枚として登場。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
A:対象を指定する効果になります。(07/11/29)

Q:相手攻撃宣言時にこのカード発動し、相手はそれにチェーンして《神の宣告》発動しました。
  それらのチェーン処理を終えた後に、自分は別の《次元幽閉》を発動できますか?
A:できません。(13/04/25)


Tag: 《次元幽閉》 通常罠

広告