磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)/Alpha the Magnet Warrior》

通常モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1400/守1700
α、β、γで変形合体する。

 遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 付属カードで登場した地属性岩石族下級モンスター
 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚に必要な3体のマグネット・ウォリアーのうちの1体。

 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚するためには、基本的にこのモンスターを含む3体のマグネット・ウォリアー通常モンスターが必須。
 そのため、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》を軸とした【磁石の戦士】では、マグネット・ウォリアー通常モンスターを手早く手札フィールドに揃える必要がある。
 マグネット・ウォリアー通常モンスターリクルートサルベージ蘇生手段に恵まれており、これらのサポートを駆使して手札フィールドに揃えていくと良い。
 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚した後は、あちらの効果で繰り返し蘇生し、各種コストや素材などに使用することになる。

 リクルート手段としてはレベルマグネット・ウォリアー《レスキューラビット》《怒気土器》《予想GUY》などが扱いやすい。
 ただし、レベルマグネット・ウォリアー《レスキューラビット》《怒気土器》の3体は召喚権を取りあう場合も多いので注意。
 《同胞の絆》は3種のマグネット・ウォリアーフィールドに揃えることができ爆発力が高いが、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚できるのは次のターン以降となる。
 リクルートするモンスターのうちの1体を《干ばつの結界像》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》にしたり、《和睦の使者》を併用するなどして相手ターンを凌ぎたい。

 サルベージおよび蘇生手段としては《闇の量産工場》《No.55 ゴゴゴゴライアス》《マグネット・フィールド》《マグネット・コンバージョン》などが候補となる。
 特に《マグネット・コンバージョン》は一気に3体のマグネット・ウォリアーサルベージできるため爆発力が高い。
 サルベージ蘇生を活用する場合は事前の墓地肥やしも重要となるので、《磁石の戦士δ》の他、《ブリリアント・フュージョン》などの採用も検討したい。

 このモンスター単体で見た場合、攻撃力守備力共に《磁石の戦士γ》より100劣っており、特に攻撃力マグネット・ウォリアー通常モンスター3体の中で最も低い。
 一応、《ジェム・マーチャント》などを併用すればアタッカーもこなせるが、基本的にはフィールドに出したあとは速やかにコストや素材に転用したい。
 攻撃力が低いため、《平和の使者》《奈落の落とし穴》の影響を受けず、《巨大ネズミ》《補充要員》に対応するのはメリットと言えるか。

  • アニメの「闇遊戯vsレアハンター」戦では、その剣に《デーモンの召喚》の雷を受け攻撃力をアップし、レアハンターに直接攻撃して決着をつけた。
    このとき、何故かカード守備力が1700と表記されているのにもかかわらず、場に出たときの守備力は1000になっていた。
    また、このときの攻撃名は「サンダーマグネットソード」。
  • アニメZEXALでチーム・フォールガイズが使用した通常魔法磁力蘇生(マグネット・リボーン)》のイラストでは、《ドリラゴ》・GXで三沢が使用した《磁石の戦士 Σ−(シグママイナス)》と共に描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM4ではOCGテキストが異なり、「アルファ・ベータ・ガンマが揃うと何かが起こるらしいぞ・・・・・・・」となっている。
    このゲームには遊戯の使用した磁石の戦士が全種収録されているが、テキストに反し合体能力は再現されていない。
    DM7及び8では合体能力が再現されており、α・βγが全て揃っていれば《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》になる効果を持っている。

関連カード

―《磁石の戦士α》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《磁石の戦士α》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1400 守1700 マグネット・ウォリアー

広告