磁石の戦士α(マグネット・ウォリアー・アルファ)/Alpha the Magnet Warrior》

通常モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1400/守1700
α、β、γで変形合体する。

 遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 付属カードで登場した地属性岩石族下級モンスター
 磁石の戦士の一体であり、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の素材となる。

 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の素材とするため、他の磁石の戦士と共に、手早く手札フィールドに揃えたい。
 単体では頼りないが、様々なサポートに対応しているために活用しやすい。
 通常モンスターサポートの《レスキューラビット》《高等儀式術》《闇の量産工場》《黙する死者》《凡骨の意地》
 岩石族モンスターサポートの《岩投げエリア》《岩投げアタック》《ブロック・ゴーレム》
 地属性モンスターサポートの《砂塵の騎士》等、墓地や回収手段には困らない。
 これらにより属性種族を統一しやすいため、《御前試合》《群雄割拠》《一族の結束》等も採用を検討できる。

 《凡骨の意地》等を採用するならば、《ヴェルズ・ヘリオロープ》《ジェムナイト・ガネット》《ジェムナイト・サフィア》等のサポートの共有できる通常モンスターと共に投入し、《決戦の火蓋》で展開を行う戦法もある。
 後者の場合は融合のギミックも取り込めるため、打点不足も解消しやすい。
 なお、磁石の戦士はいずれも地属性通常モンスターであるため、《岩石の巨兵》《ジェネティック・ワーウルフ》、多数の攻撃力1900のアタッカー共々、《ジェム・マーチャント》による強化も可能。
 ただし、これらは属性種族が異なるため、サポートの一部とは相性が悪い。
 揃える場合は《破壊のゴーレム》《イースター島のモアイ》などステータスが微妙なものが多いので、これらを入れていくかは構築や好みが大きく影響する。
 効果モンスターならば、《干ばつの結界像》が相性がいい。

 このモンスター単体で見た場合は、《巨大ネズミ》に対応するが、攻撃力守備力共に《磁石の戦士γ》より100ポイント劣り、特に攻撃力磁石の戦士3体の中で最も低い数値である。
 《平和の使者》《奈落の落とし穴》にかからないメリットはあるが、フィールドに出す際は慎重に扱いたい。

  • アニメの「闇遊戯vsレアハンター」戦では、その剣に《デーモンの召喚》の雷を受け攻撃力をアップし、レアハンターに直接攻撃して決着をつけた。
    このとき、何故かカード守備力が1700と表記されているのにも関わらず、場に出たときの守備力は1000になっていた。
    また、このときの攻撃名は「サンダーマグネットソード」。
  • アニメZEXALでチーム・フォールガイズが使用した通常魔法磁力蘇生(マグネット・リボーン)》のイラストでは、《ドリラゴ》・GXで三沢が使用した《磁石の戦士 Σ−(シグママイナス)》と共に描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM4・7・8ではOCGと異なり、「アルファ・ベータ・ガンマが揃うと何かが起こるらしいぞ・・・・・・・」というテキストになっている。
    しかしDM7・8では《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》磁石の戦士3体に分離させる事はできても合体する事はできず、DM4に至ってはその能力もない。
    これらのゲーム内では「アルファ・ベータ・ガンマが揃っても、何も起こらない」という残念な仕様となっている。

関連カード

―《磁石の戦士α》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《磁石の戦士α》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1400 守1700 マグネット・ウォリアー

広告