自律行動(じりつこうどう)ユニット/Autonomous Action Unit》

装備魔法
1500ライフポイントを払う。
相手の墓地からモンスターを1体選択して
攻撃表示で自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールド上に存在しなくなった時、装備モンスターを破壊する。

 ユニオンの降臨で登場した装備魔法
 ライフコストを用い、相手モンスター蘇生する。

 相手墓地が十分に肥えたところで発動したいが、それはつまり相手蘇生の機会を得ているという事である。
 デッキ破壊を狙わない限り相手墓地を肥やす手段は少ないため、相手依存にもなりやすい。
 しかし、現在ではデュエルの高速化が進み1ターン目から十分墓地が肥えていることも珍しくないため【メタビート】【ペンデュラム召喚】といったデッキではない限り発動機会は多い。

 単純に相手モンスターを奪うのであれば、フィールドに干渉する《精神操作》《強制転移》の方が効率が良い。
 同様に、蘇生を用いて何らかのコストが欲しい場合も、《死者蘇生》《リビングデッドの呼び声》といった制限緩和の進む汎用蘇生カードを使うべきだろう。
 このカードを優先しすぎると、《次元幽閉》《奈落の落とし穴》等の除外カードが使いづらくなるのも痛い。

 汎用性ではこれらのカードに勝る事が難しいので、明確な意図を持って使うべきである。
 注目すべきは、やはり《死者蘇生》以外にはほとんど見られない、相手モンスター蘇生できる点だろう。
 ミラーマッチならば相手モンスター自分デッキとも相性が良く、そのまま運用できる。
 主流デッキならばミラーマッチになる可能性も高く、マッチ2戦目を想定してサイドデッキに投入しておくという手も考えられる。
 そのまま相手墓地に返すのはもったいないので、エクシーズ素材にしてしばらく自分フィールドに留まらせる事も可能である。
 デッキキーカードになりやすい制限カードをこうして拘束できれば、相手へのダメージは大きい。
 多くの蘇生カードと違い、相手《D.D.クロウ》に阻害されないのもメリットである。

 こうした使い方をできるのであれば、《リビングデッドの呼び声》と違い即効性のある魔法カードである点も一つの利点となる。
 また装備魔法なので、《アームズ・ホール》等のサポートカードも存在する事を覚えておきたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手《サイレント・ソードマン LV5》を《自律行動ユニット》で蘇生させた場合、《自律行動ユニット》がフィールドを離れたら《サイレント・ソードマン LV5》フィールドに残りますか?
A:《自律行動ユニット》を使用した場合、蘇生させたモンスター自分モンスターとして扱います。
したがって、「相手の魔法の効果を受けない《サイレント・ソードマン LV5》は《自律行動ユニット》の効果を受け、破壊されます。


Tag: 《自律行動ユニット》 魔法 装備魔法

広告