執念(しゅうねん)(つるぎ)/Sword of Deep-seated》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
このカードが墓地へ送られた時、このカードをデッキの一番上に戻す。

 Vol.7で登場した装備魔法
 装備モンスター単体強化する効果と、自身を墓地からデッキの一番上戻す効果を持つ。

 継続的に強化手段を確保できるように見えるが、「このカード手札に戻す代わりにドローを行わない」事に等しいため、他のカードドローする事ができなくなり、やがて装備するモンスターが枯渇してしまう。
 加えて、このカードはどんな方法で墓地に送っても強制効果デッキトップに戻ってしまう。
 同等の強化なら、相手強化する可能性はあるが、ドローを阻害しないフィールド魔法を利用した方がいい。
 継続的に装備カードを確保したいのであれば、デッキトップへ置くかどうかを任意で決められる《月鏡の盾》を使うべきである。

 一応、デッキの一番上戻った《サンライト・ユニコーン》《デーモンの宣告》等の手札加える効果を使う事で、ハンド・アドバンテージを稼げる。
 しかし、《デーモンの宣告》を使うなら他にもっと有用な手札補強手段はいくらでもある上、《月鏡の盾》なら強化としても使える。

  • 実は第1期に登場した装備魔法では、初の装備対象の制限がない装備魔法であり、同時期の装備対象の制限がない装備魔法では攻守の上昇値も最も高かった。
    このため、デッキトップに戻る効果に目をつぶり採用する場合もあったが、このカードの収録は第1期のラストであったため、その活躍は短い期間だった。

関連カード

墓地からデッキの一番上戻す効果を持つ装備魔法

収録パック等


Tag: 《執念の剣》 魔法 装備魔法

広告