漆黒(しっこく)のトバリ/Veil of Darkness》

永続魔法
自分のドローフェイズにドローしたカードが闇属性モンスターだった場合、
そのカードを相手に見せる事で、そのカードを墓地へ送る。
その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。

 EXTRA PACKで登場した永続魔法
 ドローしたカード闇属性モンスターだった場合、そのカード墓地に送り、その後ドローする効果を持つ。 

 手札は稼げないが墓地闇属性モンスターが増えるので【ダークモンスター】と相性がいい。
 闇属性モンスターが続く限りドローができるので、とにかく《ワイトキング》《邪龍アナンタ》を強化したい場合など、墓地肥やしを急ぎたいデッキには強い味方となるだろう。
 《ユベル》関連の進化体を墓地へ送ることで事故の可能性を軽減するなど、デッキ圧縮にもなる。
 効果墓地へ送るため、シャドールドロー墓地へ送るとその効果を利用できる。

 このカードが2枚存在する場合に発動する時、任意の順番でチェーンを組むことは可能。
 まずチェーン2で発動時に見せた闇属性モンスター墓地へ送り1枚ドローする。
 次にチェーン1だが既に発動時に見せた闇属性モンスター墓地へ送る事ができないためドローする処理は行われない。(08/09/14)
 つまり、このカードが2枚以上存在していても事実上効果は1枚分しか適用されない。
 ただし《リロード》等で闇属性モンスターを同時にドローした場合なら、チェーン1とチェーン2で別々のカードを見せ、墓地へ送る事により、1枚ずつ計2枚ドローする事なら出来る。
 なお、《凡骨の意地》とは共存が可能。
 ドローフェイズに引いたカード通常モンスターでなくても、闇属性なら墓地へ送る事でドローを継続できる。

  • 帳(とばり)とは、日本中世社会においてよく見られる、室内を仕切るまたは寒さをしのぐための布のこと。
    夜になるとこの帳を下げ、夜となったことを知らせることから「夜の帳がおりる」などとも言う。
    また、昼から夜になり明かりがさえぎられる状態も指している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(08/09/13)

Q:ドローフェイズ《リロード》で複数枚を同時にドローした場合、全て見せなければなりませんか?それとも任意の1枚で処理をしますか?
A:見せる枚数は任意で1枚だけ見せる事もできます。ただし、何枚見せてもドローできるのは1枚だけです。(08/09/13)

Q:墓地送りはコストですか?
A:見せる行為がコストに当たり、墓地送りとドローが効果です。(08/09/13)

Q:《凡骨の意地》と《漆黒のトバリ》が発動されています。
  闇属性通常モンスタードローしたとき、両方の効果を使えますか?
A:はい、両方の効果発動でき、その場合任意の順番でチェーンを組むことになります。(08/09/13)
  なお、チェーン2を《漆黒のトバリ》とした場合、通常モンスター墓地に送られてしまいます。
  この場合、発動時に見せたカード手札になくてもチェーン1で《凡骨の意地》適用されてドローを行います。(08/09/20)

Q:このカードの効果闇属性モンスター墓地へ送る処理だけを行い、ドローしない事はできますか?
A:はい、できます。(08/10/29)


Tag: 《漆黒のトバリ》 魔法 永続魔法

広告