漆黒の薔薇の開華(ブルーミング・ローズ)

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのフィールドゾーンのカード及び墓地のフィールド魔法カードの数まで、
自分・相手フィールドに「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの、
「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードをデッキの一番下に戻す。
この効果で除外したモンスターは次のスタンバイフェイズにフィールドに戻る。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編4−で登場した通常罠
 フィールド魔法の数に応じてお互いフィールドローズ・トークンを生成する効果《ブラック・ローズ・ドラゴン》植物族モンスター一定期間だけ除外して自身をデッキボトムに戻す効果を持つ。

 (1)はお互いフィールド墓地フィールド魔法の数までトークンを生成する効果
 フィールド魔法を使用するデッキは多いとはいえ、複数枚が墓地に溜まることは少なく、相手フィールド魔法を使用してくるとも限らない。
 基本的にはトークンを1〜2体生成するカードと割り切って使用したほうがいいだろう。
 トークン自分相手のどちらのフィールドに何体特殊召喚するかは自由なので、生成数は不安定なものの《スケープ・ゴート》《おジャマトリオ》を兼ね備えた柔軟な運用ができる。

 ローズ・トークン植物族のため、【植物族】では《アロマセラフィ−ジャスミン》リンク素材コスト《世界樹》フラワーカウンター確保など活用先も多い。
 《ローズ・テンタクルス》とは特に相性が良く、アドバンス召喚リリース要員と相手フィールド植物族の両方を用意できる。

 (2)は自分フィールド《ブラック・ローズ・ドラゴン》、または植物族モンスター一定期間だけ除外して自身をデッキボトムに戻す効果
 墓地発動できる植物族《亜空間物質転送装置》として使用できる。
 奇襲性はないものの植物族ステータス耐性が心許なく、あって困るものではない。
 《おろかな副葬》などで直接墓地へ送ってもいいだろう。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去チェーンして発動し、《ブラック・ローズ・ドラゴン》を守りながらエクストラモンスターゾーンを空けることもできる。
 また、ローズ・トークン除外できるので、フィールド魔法さえあればこのカード1枚を使い回すことも狙える。
 もっとも、戻るのがデッキの一番下なので繰り返し使うにはサーチなどでシャッフルが発生するか、デッキから墓地へ送るといった手順が必要になる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《漆黒の薔薇の開華》 通常罠

広告