疾風鳥人(しっぷうちょうじん)ジョー/Swift Birdman Joe》

効果モンスター
星6/風属性/鳥獣族/攻2300/守1400
風属性モンスターを生け贄にして生け贄召喚に成功した場合、
フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した風属性鳥獣族上級モンスター
 フィールド上の魔法・罠カードを全て手札戻す誘発効果を持つ。

 《ハリケーン》と同様の効果内蔵しているがアドバンス召喚しなくてはならず、そのリリース風属性モンスターに限定される。
 《氷帝メビウス》に比べてボード・アドバンテージ差を付けられず、【風属性】であっても《風帝ライザー》の方が使い易い。

 そのため、自分フィールドに残る魔法・罠カードとのコンボを狙うために使用することになる。
 ペンデュラムゾーンモンスターバウンスし、再利用が可能。
 ペンデュラム召喚によってリリースの確保もできる。

 また、《光の護封剣》《埋蔵金の地図》等とのコンボも狙える。
 《リビングデッドの呼び声》蘇生したモンスターリリースして《リビングデッドの呼び声》バウンスして使いまわすのも有効。
 《暗黒プテラ》《九蛇孔雀》リリースしてアドバンス召喚故のディスアドバンテージの軽減を図るのも良い。

 フィールド魔法バウンスして効果を再利用するのも有効。
 《竜の渓谷》ならドラグニティシンクロモンスターを出しやすくなる。
 《ブラック・ガーデン》なら攻撃力半減効果バウンス効果チェーンして攻撃力半減を回避する手もある。
 《霞の谷の神風》も再利用でき、《風帝家臣ガルーム》アドバンス召喚したこのカードを戻せばリクルート効果を利用できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第1話において、「SONIC WING DUEL SCHOOL」という塾の看板に描かれていた。

関連カード

―《疾風鳥人ジョー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《疾風鳥人ジョー》 効果モンスター モンスター 星6 風属性 鳥獣族 攻2300 守1400

広告