邪悪(じゃあく)なるワーム・ビースト/The Wicked Worm Beast》

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1400/守 700
自分ターンのエンドフェイズ時、
表側表示でフィールド上に存在するこのカードは持ち主の手札に戻る。

 BOOSTER4で登場した地属性獣族下級モンスター
 自分ターンエンドフェイズ時、フィールド上に存在する自身をバウンスする誘発効果を持つ。

 その性質はスピリットモンスターに似ているものの、バウンスされる条件は若干異なる。
 また、あちらと違い特殊召喚も可能であるため、《巨大ネズミ》からリクルート手札戻す事もできる。
 これにより手札の枚数を増やす事ができるが、それ以外には何ら効果を持たないため、そこからどう活用するかが問題となるが、現在は実用的といえる活用手段はあまりない。

  • 「ビースト」とは付いているが、獣族には見えないグロテスクな姿をしている。
    普通「ワーム(Worm)」はミミズや芋虫などを指すが、このモンスターはイソギンチャクのような触手を無数に持つ半人型モンスターの姿をしている。
    原作等で下半身を確認すると芋虫のような姿をしており、ここから「ワーム」と名がついたのかもしれない。
    東映版およびバンダイ版カードダスでは、紫色でさらにグロテスクな印象になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「DEATH-T編」の「遊戯vs海馬」戦で海馬が召喚したが、「飛行」能力を持つ《砦を守る翼竜》にあっさり戦闘破壊された。
    原作においては効果を持たず、レベル5だった。
    アニメ版「決闘者王国編」の「遊戯&城之内vs迷宮兄弟」戦では、迷宮の仕組みのイメージとして登場した《ペンギン・ナイト》が、このカードと思われるシルエットのモンスターと遭遇している。
    アニメオリジナル「乃亜編」の「海馬vsビッグ5(大門)」戦では海馬がとしてセットしたが、《サテライト・キャノン》に一蹴された。
    攻撃名は「ポイズン・ゾール」。
    • 「王の記憶編」では、囚人が宿していた魔物として登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「闇の力でミミズがモンスター化 地面から突然現れ攻撃」と記載されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札に戻す効果は、このモンスターフィールド表側表示で存在する場合で発動するのですか?
A:はい。例えば破壊されて墓地にあったり裏側守備表示となっている場合は発動しません。(14/03/21)

Q:《暗黒界の書物》効果によりエンドフェイズ手札調整後にこのカード特殊召喚されました。
  このエンドフェイズ中、このカード手札に戻す効果発動しますか?
A:効果発動せずそのままフィールドに残ります。(17/02/25)


Tag: 《邪悪なるワーム・ビースト》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 獣族 攻1400 守700

広告