邪王(じゃおう)トラカレル》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
攻撃力の合計が、このカードのアドバンス召喚のために
リリースしたモンスターの元々の攻撃力以下になるように、
相手フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選んで破壊する。

 RISING RAMPAGEで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 アドバンス召喚に成功した場合に、その召喚リリースしたモンスター攻撃力分まで相手モンスターを選んで破壊できる誘発効果を持つ。

 対象をとらない効果で複数体の除去ができるが、選ぶモンスター攻撃力の合計が「召喚の際にリリースしたモンスター元々の攻撃力」以下である必要がある。
 相手フィールドトークン等の低攻撃力モンスターが並んでいるならば複数体の破壊も狙いやすいが、自分ターンにそのような状況は起きにくい。
 攻撃力2000以上のモンスターが複数並んでいるような状況だと、まず複数体の破壊は見込めない。
 リリース要員としてもかなり高い元々の攻撃力を持つモンスターを用意しなければならず、妥協召喚等のディスアドバンテージ軽減手段を加味しても、中型モンスターで他に効果を持たないこのカードを出すには割に合わない感が強い。

 また、類似効果を持つモンスターとして《砂塵の悪霊》が存在し、あちらはアドバンス召喚に成功するだけで確実に全体除去が可能である。
 あちらはスピリットであり特殊召喚できない制約こそあるが、モンスター効果だけをみれば使い勝手は大きく上回る。

 あえてこちらを採用するなら属性種族の違いやサポートカードに対応する点で差別化したいところであるが、それならば《邪帝ガイウス》などの自体を使った方が良い。
 《帝王の烈旋》を使って攻撃力の1番高い相手モンスターリリースする事で破壊効果を狙いやすくなるが、今度は対象にならない耐性を無視できるメリットが薄れてしまい、カード・アドバンテージの面でもあまり有意義なコンボとは言い難い。

  • 「トラカレル」は、アステカの歴代皇帝に仕えた宰相の名。
    アステカ帝国の副王として、帝国の発展に貢献した。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《邪王トラカレル》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 悪魔族 攻2400 守1000

広告