邪神(じゃしん)ドレッド・ルート/The Wicked Dreadroot》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体を
生け贄に捧げた場合のみ通常召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外のフィールド上のモンスターの攻撃力・守備力は半分になる。

 Vジャンプ(2005年6月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 三邪神の一体で3体生け贄でしか通常召喚できない召喚ルール効果、このカード以外のフィールド上の全モンスター攻撃力守備力を半分にする永続効果を持つ。

 このカードの長所は何といっても、《オベリスクの巨神兵》《幻魔皇ラビエル》等に匹敵するほどの高ステータスだろう。
 自身の効果のこともあり、戦闘に関しては無類の強さを誇り、余程の事が無ければ戦闘破壊されることはまずない。
 守備力も下げられるため、貫通効果を付与して守備表示モンスター相手にも大ダメージを狙うのも悪くない。
 種族にも恵まれており、《冥界の魔王 ハ・デス》と併用することで相手モンスター効果無効化、《E−HERO ヘル・ゲイナー》効果使用すれば、攻撃力4000で2回攻撃ができる。
 また、詳細は後述するが、永続的なステータス半減効果も圧倒的な制圧力をもたらしている。
 自身の効果が有効な限り、攻撃力守備力上昇効果がほとんど意味を成さなくなり、《連鎖除外》の対象を広げることもできる。
 その他、《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》によって高ステータス《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚可能な点も評価できる。

 とはいえ、召喚に3体の生け贄を必要とする上に召喚制限を課せられ、カード効果への耐性がないなど、弱点も多い。
 特に、いくら戦闘に強いとは言っても戦闘を介した除去効果戦闘破壊耐性を持つモンスターに対応できないのは痛く、《聖なるバリア −ミラーフォース−》などで簡単に除去されれば、その後は一切の蘇生帰還ができない。
 効果にしても強力であることに疑いは無いが、などのように即座にアドバンテージを稼ぐ効果ではないため、相手や状況によっては効果が有効に機能しないこともある。

 運用時は短時間でリリース素材を大量確保する手段はもちろん、それに加えこのカード除去から守りつつ圧倒的な戦闘能力で短期決戦に持ち込む動きを要求される。
 もちろん他の上級モンスターと比べ召喚条件が厳しい分、手札事故の危険も増すため、デッキのバランスにはより一層神経を尖らせる必要もある。
 《終焉の焔》《地獄の暴走召喚》などでリリース素材を揃えるのも悪くないが、これらのサポートカードを多く採用するとデッキを圧迫したり採用できるモンスターも限られるので、《E−HERO ヘル・ゲイナー》などのサポートカードとの兼ね合いも難しくなってくる。
 《冥府の使者ゴーズ》のように、アドバンス召喚に利用できるトークンを生成し、奇襲性に富み、悪魔族のサポートを受けられる、相性の良いカードを採用すると良いだろう。

  • 生け贄素材を確保する方法の一例。
  • 「ドレッド・ルート」とは「恐怖の根源」の意。
  • 原作テキストは、以下の通り。
    三邪神テキストが英語であるため、和訳も付記する。
    《THE DEVILS DREAD-ROOT》
    星10/ATTACK4000/DEFENSE4000
    Fear dominates the whole field.
    Both attack and defense points of all the monsters will halve.
    (フィールドを恐怖が支配する。
     すべてのモンスターの攻撃力と守備力は両方とも半分になる。)

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:このカード召喚するときに《ダブルコストン》を2体分の生け贄として使用することは可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:このカード召喚生け贄召喚ですか?
  もし違うなら《スケープ・ゴート》召喚される羊トークン生け贄にする事はできますか?
A:生け贄召喚です。
  そのため、《スケープ・ゴート》召喚される羊トークン生け贄召喚することはできません。

Q:このカード表側守備表示召喚できますか?
A:通常召喚扱いですので、守備表示の場合はセット(裏側守備表示)となります。

Q:元々の攻撃力が2000のモンスターがいます。
  《突進》2枚をチェーンさせてこのモンスター発動した場合、攻撃力は最終的に幾つになりますか?
A:《突進》効果を2回受けたモンスターは、3400の半分の1700となります。(14/01/25)

Q:《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》《突進》を発動しました。
  この後、相手ライフより自分ライフが900多くなった場合、攻撃力はどのように変化しますか?
A:3700の半分となる、1850となります。(14/01/25)

Q:このカード効果適用中、魔力カウンターの乗った《魔導戦士 ブレイカー》に対し《収縮》発動した場合、どうなりますか?
A:まず《収縮》の計算をし、次に《魔導戦士 ブレイカー》効果を、最後に《邪神ドレッド・ルート》の効果を適用します。
  つまり、まず「1600÷2=800」。次に「800+300=1100」、最後に「1100÷2=550」と計算するため、攻撃力は550となります。

Q:上記の例の時、攻撃力550の《魔導戦士 ブレイカー》効果使用魔力カウンターを失った場合このターン攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が変動した場合は、再計算します。
  《収縮》効果が継続しているため「1600÷2=800」。
  そして《邪神ドレッド・ルート》の効果を適用するため「800÷2=400」となり、攻撃力は400となります。

Q:上記の例の時、攻撃力550の《魔導戦士 ブレイカー》魔力カウンターを乗せたままターンを終了しました。
  《収縮》効果は失われますが、この場合攻撃力はどうなりますか?
A:この場合も、再計算を行います。
  《魔導戦士 ブレイカー》効果で「1600+300=1900」、続いて《邪神ドレッド・ルート》の効果で「1900÷2=950」とするため、攻撃力は950となります。

Q:自分フィールド《邪神アバター》と《邪神ドレッド・ルート》が両方とも裏側守備表示状態で存在しています。
  《停戦協定》で同時にリバースした場合、攻撃力はどう計算しますか?
A:両方とも同一のプレイヤーコントロールしている場合は、そのコントローラーが「どちらを先に適用するか」を決定します。
  つまり、「《邪神アバター》効果を先に計算する」「《邪神ドレッド・ルート》の効果を先に計算する」を自由に選べます。(07/04/24)

Q:自分フィールド《邪神アバター》が、相手フィールドに《邪神ドレッド・ルート》が両方とも裏側守備表示状態で存在しています。
  《停戦協定》で同時にリバースした場合、攻撃力はどう計算しますか?
A:この場合は、「ターンプレイヤーコントロールするモンスター効果が先」として計算を行います。
  自分ターン中に《停戦協定》発動した場合は《邪神アバター》効果が、相手ターン中に《停戦協定》発動した場合は《邪神ドレッド・ルート》の効果が先に計算されます。(07/04/24)

Q:《ヴェノム・スワンプ》発動しており、ヴェノムカウンターが1つ乗った《青眼の白龍》と《邪神ドレッド・ルート》が場に居ます。
  《青眼の白龍》攻撃力はいくつになりますか?
A:《青眼の白龍》攻撃力は1250になります。(14/05/17)

Q:このモンスターが存在する時に《CNo.39 希望皇ホープレイ》効果発動すると、《CNo.39 希望皇ホープレイ》攻撃力はどうなりますか?
A:2500から500アップした状態から、このカードの効果で半分にされ1500となります。(14/01/25)

広告