邪帝(じゃてい)ガイウス/Caius the Shadow Monarch》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを除外し、除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、
相手に1000ダメージを与える。

 ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−で登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 の1体であり、アドバンス召喚に成功した場合にフィールドのカード除外し、それが闇属性ならバーンを行う誘発効果を持つ。

 アドバンス召喚が必要なものの、除外によって破壊耐性を無視した除去が行え、それにより相手墓地アドバンテージを与えることもない。
 つまり、アドバンス召喚で失ったカード・アドバンテージをほぼ確実に取り戻し1:1交換を押し付けられる。
 魔法・罠カードももちろん除外でき、墓地発動する効果を持つ《トイポット》《ブレイズ・キャノン・マガジン》アクアリウムのような魔法・罠カードメタにもなる。

 セットされたカード除外できるのもメリットで、シンクロモンスターエクシーズモンスターで対処しにくい伏せカード対策が可能。
 多くの場合、セットされるモンスターリバースモンスター墓地へ送る事が有効なモンスターであり、除外する事でほぼ確実に相手の狙いを外す事ができるだろう。

 除外したのが闇属性モンスターであれば、更に1000ポイントのバーンが発生する。
 ダメージ量はバーン効果としては十分な数値であり、状況によっては引導火力にもなる。
 闇属性であるこのカード自身も除外できるため、相手の残りライフが1000以下の場合、このカード自身を除外すれば勝利できる。

 総じて、上級の中では最も効果汎用性が高い。
 上級モンスターを軸とした【帝コントロール】を組むにあたっては、最優先で投入されるである。

 このカード悪魔族なので、《地帝グランマーグ》ともに融合素材とし、《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚する事もできる。
 同じように、《風帝ライザー》と共に《ダーク・シムルグ》除外コストとしたり、《雷帝ザボルグ》と共にカオスモンスター除外コストになる事もできる。
 特殊召喚しても効果を使用できず墓地から蘇生する意義が薄いモンスターの大半にとって、これらのカードで再利用する事は効率が良いと言える。
 【帝コントロール】のギミックとしてこれらを用いるのも面白いだろう。

  • 「ガイウス」とは、古代ローマ人の最もポピュラーな個人名の一つ。
    この名前を持つ古代ローマ帝国の支配者は多数実在し、独裁官ユリウス・カエサル(前100年〜前44年)、古代ローマ初代皇帝アウグストゥス(前63年〜後14年)、第3代皇帝カリグラ(後12年〜後41年)等が挙げられる。
  • アルファベットの歴史において、「C」と「G」は同じ文字だった。
    そのため、英語名の「Caius(カイウス)」は「Gaius(ガイウス)」と同一である。
  • アニメARC-Vの「黒マスクの男vs沢渡」で沢渡が使用した通常魔法《アドバンス・カーニバル》のイラストに描かれている。
    また第1話に登場したストロング石島のCMに、このカードが確認できる。

関連カード

効果関連

―《邪帝ガイウス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:装備カード扱いになっている闇属性モンスター除外した場合、どうなりますか?
A:除外された時点で闇属性モンスターとして扱われるので1000ダメージ適用されます。(12/07/20)

Q:裏側表示になっている闇属性モンスター除外した場合でも1000ダメージを与える効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用されます。(12/07/20)

Q:《光と闇の竜》除外した場合、1000ダメージを与える効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/07/14)

Q:《DNA移植手術》闇属性宣言されています。
元々の属性神属性モンスター除外した場合、どう処理しますか?
A:効果ダメージを与える効果適用されません。(14/07/25)

Q:自身の効果特殊召喚された《バトルフェーダー》対象にこのカードの効果発動しました。
  『除外したカード闇属性モンスターカードだった場合、相手に1000ダメージを与える』処理は行いますか?
A:その場合でも、ダメージを与える処理を行います。(16/03/18)


Tag: 《邪帝ガイウス》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻2400 守1000

広告