灼熱(しゃくねつ)火霊使(かれいつか)いヒータ》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
炎属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の炎属性モンスター1体を手札に加える。

 SAVAGE STRIKEで登場した炎属性魔法使い族リンクモンスター
 憑依装着としても扱う効果外テキスト相手墓地から炎属性1体を自身のリンク先蘇生する起動効果戦闘相手効果破壊された場合に守備力1500以下の炎属性1体をサーチする誘発効果を持つ。

 リンク素材炎属性を含めた2体とかなり緩い。
 炎属性を採用していれば、手軽にリンク先の確保を狙える。
 同じく汎用的な炎属性リンクモンスターである《ドリトル・キメラ》と比べても、炎属性+別属性モンスターでも出せるため更にリンク召喚しやすい。
 緩い条件なので《稲荷火》など、魔法使い族の存在を条件とするカードの補助も狙える。

 (1)は相手墓地炎属性モンスターを自分フィールド蘇生する効果
 強力なモンスターを奪ってアタッカーにできれば理想的だが、弱小モンスター蘇生するだけでもリンク3に繋げられる。
 しかし、相手が炎属性を使用していなかったり、先攻ターン目などで相手の墓地が空の場合は役に立たない点は不安が残る。
 幸い、炎属性は圧倒的な採用率を誇る《灰流うらら》が存在し、墓地へ送られやすい点は好材料。

 (2)は破壊された場合に発動するサーチ効果
 守備力1500以下の炎属性サーチ先は広く、【炎属性】系列であればサーチ先に困らないだろう。
 汎用性の高いものでは、《怒炎壊獣ドゴラン》などが対応する。
 なお、蘇生などで特殊召喚した場合は発動できない点に注意。

 基本的には【炎属性】系統のデッキで使う事になるだろうが、(1)が使えない状態では《ドリトル・キメラ》に比べて力不足。
 とはいえ、下方向リンクモンスターと言う点に着目すれば、あちらより出しやすいのは大きな長所。
 炎属性オンリーではなく、他属性モンスターも多く採用しているようなデッキで、こちらを優先すると良いだろう。

 【霊使い】では特に活躍が見込めるため、優先的に採用できる。
 霊使いである上に効果外テキストによって憑依装着としても扱うため、《憑依解放》による戦闘破壊耐性強化の両方の恩恵を受けることができる。
 リンク素材も、何らかの魔法使い族《稲荷火》、もしくは《火霊使いヒータ》等+《ジゴバイト》または《デーモン・イーター》で簡単に揃う。
 また、(2)の効果《火霊使いヒータ》《憑依装着−ヒータ》《稲荷火》に対応している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《灼熱の火霊使いヒータ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 炎属性 魔法使い族 攻1850 霊使い 憑依装着

広告