守護竜(しゅごりゅう)アガーペイン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1500
【リンクマーカー:上/下】
ドラゴン族モンスター2体
自分は「守護竜アガーペイン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
2体以上のリンクモンスターのリンク先となるEXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、
EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 同名カードを含めて1ターンに1度しか特殊召喚できない効果外テキストドラゴン族しか特殊召喚できない永続効果、2体以上のリンクモンスターリンク先となるモンスターゾーンドラゴン族特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)はドラゴン族以外の特殊召喚を制限する効果
 《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》同様、フィールドに存在する間のみ適用される。
 こちらは他にモンスターが存在すれば《スリーバーストショット・ドラゴン》リンク素材にしてフィールドから離せるため、展開ルートの調整をし易い。

 (2)はドラゴン族エクストラデッキから特殊召喚する効果
 《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》とは異なり、エクストラモンスターゾーンにも条件を満たしていれば特殊召喚できる。
 それが狙えるのは自身をエクストラモンスターゾーンの真下に蘇生させた場合程度だが、覚えておくと良い。

 自身のリンクマーカーの向きからして、基本的にはエクストラモンスターゾーンにこのカードを出し、その下のメインモンスターゾーンの左右に別のリンクモンスターを出して特殊召喚する事になるだろう。
 発動条件を満たすのは一見難しく思えるが、《星遺物の守護竜》を使用すれば比較的簡単に条件は整う(詳細はあちらを参照)。
 横向きのリンクマーカーを持つリンクモンスター蘇生帰還させるなどして条件を満たすのも良い。

 勘違いしやすいが(2)の効果特殊召喚先はこのカードリンク先である必要はない。
 あくまで2体以上のリンクモンスターリンク先となる自分モンスターカードゾーンであるため、例えば相手リンクモンスターリンク先がこちらのメインモンスターゾーンを向いている時、同じ場所にリンク先が向くように他のリンクモンスターを用意すれば、このカード蘇生帰還などさせても特殊召喚効果を狙える。
 同様のことは類似効果を持つ《守護竜ピスティ》《守護竜エルピィ》にも言えるため、覚えておくといいだろう。

 特殊召喚エクストラデッキからであるため、選択肢が多数ある。
 ただ、自身を含めリンクモンスターを複数使うことになるため、ドラゴン族リンクモンスターを併用しておきたいところ。
 ヴァレルであれば効果も申し分なく、このカードを含めたリンク召喚も十分狙える範疇。
 その他は、制圧狙いであれば《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》あたりが候補。
 戦闘ダメージを稼いで勝負を決める場合は《ヴァレルソード・ドラゴン》《セイヴァー・デモン・ドラゴン》等が選択肢か。
 ギャラクシーアイズを出して《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》を重ねる事で墓地アドバンテージを一気に稼ぐのも良い。

  • カード名は「アガペー」(キリスト教において「無償の愛」を意味する)と「サーペント」、「ペイン(痛み)」を組み合わせたものと思われる。
  • 蛇(サーペント)はユダヤ・キリスト教においては悪魔の象徴とされている。
  • サーペントは蛇神を意味する言葉でもあるが、蛇のかたちをとる神は西洋・東洋ともにドラゴン(竜)と混同されることが多かった。
    その影響か、創作においてはサーペントと竜を結びつけている事が少なくない。

関連カード

―《守護竜アガーペイン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《守護竜アガーペイン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻1500

広告