珠玉獣(しゅぎょくじゅう)−アルゴザウルス》

効果モンスター
星1/光属性/恐竜族/攻   0/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「珠玉獣−アルゴザウルス」以外の恐竜族モンスター1体を選んで破壊する。
その後、元々のレベルがその破壊されたモンスターと同じとなる
爬虫類族・海竜族・鳥獣族モンスター1体または
「進化薬」魔法カード1枚をデッキから手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した光属性恐竜族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に手札フィールド恐竜族破壊し、その後同じレベル爬虫類族海竜族鳥獣族モンスター1体か進化薬1枚をサーチする誘発効果を持つ。

 手札フィールド恐竜族破壊する代わりに同レベルで特定種族モンスター進化薬サーチが可能。
 【恐竜族】においては、《ベビケラサウルス》《プチラノドン》破壊する事で、同時に恐竜族リクルートも行える。

 サーチ先は破壊対象に左右されない《究極進化薬》が優先される。
 他の種族モンスターサーチする場合、レベルが揃っている必要があり、恐竜族に関する効果を持つものも少ない。
 一応恐竜族爬虫類族混合のテーマとして【エヴォル】があるが、爬虫類族エヴォルド恐竜族エヴォルダーレベルが一致するものはないため、そこで使う場合はレベル1から3の恐竜族比率を高めたい。
 その他にも、汎用性の高い《深海のディーヴァ》《BF−精鋭のゼピュロス》《カゲトカゲ》《カメンレオン》などとの併用が考えられる。
 《究極進化薬》では恐竜族以外の種族が必要になるため、それを用意するなら考えられる。

 レベル1なので、《幻創のミセラサウルス》1枚の除外リクルート可能な他、《ワン・フォー・ワン》にも対応する。
 効果の発動後は《リンクリボー》などの素材にして処理したい。
 その《リンクリボー》を素材に《セキュア・ガードナー》を出せば、《究極進化薬》墓地コストが揃い、先攻ターン目からでも発動ができる。

  • イラストは小さい光る球が寄り集まったワニのような様相であり、アクアビーズと呼ばれる手芸作品のような姿をしている。
    「ビーズ」は小さな玉に糸を通す装飾品の事で、日本語で「数珠玉(じゅずだま)」とも呼ばれ、ネーミングを鑑みるに数珠玉をモチーフにしていると考えられる。
  • カード名の由来は、「ワニもしくは鳥類、過去においては恐竜に属される爬虫類の分類群」の生物群をさす「主竜類(しゅりゅうるい)」の英語「Archosaurs(アルコサウルス)」だと思われる。
    カード効果における「爬虫類族海竜族鳥獣族モンスター」という種族の指定はこれが元だろう。
    • 「珠玉」は「真珠・宝玉などの光り物」「(そこから転じて)称賛すべき素晴らしい物」を指す言葉である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《珠玉獣−アルゴザウルス》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 恐竜族 攻0 守0

広告