呪眼(じゅがん)(おう) ザラキエル》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2600
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「呪眼」モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):攻撃力2600以上のモンスターを素材としてリンク召喚したこのカードは
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。
このカードのリンク先の効果モンスター1体を選び、その効果を無効にする。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場する闇属性悪魔族リンクモンスター
 攻撃力2600以上のリンク素材リンク召喚された際に2回攻撃可能になる効果《セレンの呪眼》装備している時に相手カード破壊する効果、(2)の効果の発動をした次のターンスタンバイフェイズに、リンク先モンスター効果無効にする効果を持つ。

 リンク素材呪眼モンスター2体以上。
 リンク2の呪眼は現在は存在しないため、実質的に3体をリンク素材に必要としなければならない。
 呪眼モンスター《セレンの呪眼》の存在により場持ちはよくなるのでフィールドに残すことは難しくない。
 他にも《呪眼の眷属 バジリウス》《喚忌の呪眼》で展開したり、《死配の呪眼》の追加効果を狙っていきたい。

 (1)はリンク素材の1体の攻撃力が2600以上の場合に2回攻撃が可能になる効果
 (2)と合わせて攻撃的なリンクモンスターになるものの、条件がやや厳しい。
 高い攻撃力を持つモンスターを多く採用し、条件を満たす場面を増やしたい所だが、リンク素材とする全てのモンスター攻撃力の合計が5200を超える場合は総攻撃力が下がってしまうため、攻撃力の高いモンスターばかりを素材にしてしまうと損になる。
 元々の攻撃力を参照しないので、手軽に攻撃力を上げられるカードをうまく使いたい。
 呪眼のみならば《呪眼の死徒 サリエル》《セレンの呪眼》装備させ、お互いターンに1回ずつ効果発動することで整う。

 (2)は《セレンの呪眼》装備している時に相手カード破壊する効果
 フリーチェーンなので、攻撃前の露払いにも相手の妨害にも使える。
 似たような効果を持つ《呪眼の死徒 サリエル》と違い、連動する(3)の効果はメリットにもなるので積極的に使いたい。

 (3)は(2)の効果の発動をした次のスタンバイフェイズリンク先モンスター効果無効にする効果
 エクストラモンスターゾーンまたはそこと同じ縦列のメインモンスターゾーンに出せば、リンク先の1つは相手モンスターに向くのでそれを活かしたい。
 【スキルドレイン】系統で使われるデメリットアタッカーリンク先に出しておくのも手。
 あるいは、自分側のリンク先を空けておくことで事実上の不発にすることもできる。
 ただし、エクストラデッキからの展開に利用する場合、自分モンスターを弱体化させるデメリットになる。

  • 「ザラキエル(Zerachiel)」は、大天使サリエルの別名の一つである。

関連カード

イラスト関連

―《呪眼の王 ザラキエル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《呪眼の王 ザラキエル》 効果モンスター モンスター リンクモンスター リンク3 闇属性 悪魔族 攻2600 呪眼

広告