呪眼(じゅがん)死徒(しと) サリエル/Serziel, Watcher of the Evil Eye》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守1400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「呪眼の死徒 サリエル」以外の「呪眼」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。
自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚時に同名カード以外の呪眼サーチする誘発効果《セレンの呪眼》装備している時に、特殊召喚された相手モンスター破壊する誘発即時効果、(2)の効果の発動をした次のターンスタンバイフェイズに、自分フィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 (1)は同名カード以外の呪眼サーチする効果
 《セレンの呪眼》サーチして装備し、(2)の効果に繋ぐのが基本となる。

 (2)は《セレンの呪眼》装備している時に、特殊召喚された相手モンスター破壊する効果
 フリーチェーンで使える為、除去にも妨害にも使える。
 しかし(3)のデメリットがあるので、なるべく計画的に使いたい。

 (3)は(2)の効果の発動をした次のスタンバイフェイズ自分カード破壊する効果
 自分カードであるならなんでもいいため、破壊された時に発動する、またはフリーチェーンカード破壊すると損が無い。
 どうしても《セレンの呪眼》破壊しなければならない時でも、破壊のタイミングが次のスタンバイフェイズと遅いため、この時に特殊召喚された相手モンスターが居る場合、(2)の効果でもう1度破壊効果を使う事ができる。

 《セレンの呪眼》装備したこのカードは、「戦闘効果では破壊されず効果の対象にならず、フリーチェーン破壊効果を持つ」と言う、通常召喚可能な下級モンスターとしては破格の性能を得る。
 ただし、どの効果《セレンの呪眼》ありきの効果なため、魔法・罠除去には注意。

  • 「サリエル(Sariel)」は大天使の階級に属する天使であり、七大天使の一角である。
    月を支配し死を司るほか、眼で見るだけで相手に危害を加える邪視の力を持ち、その縁で邪視から身を護る護符に彼の名が使われていたこともある。
    名前はヘブライ語で「神の命令」を意味し、死者の魂を狩る存在であることから堕天使と見なされる場合も多いが、一説には医療に精通した癒しの天使であるとも言われている。

関連カード

イラスト関連

―《呪眼の死徒 サリエル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:相手メインフェイズに1回、自分ドローフェイズに1回(2)の効果発動しました。
  その次に来る自分スタンバイフェイズに(3)の効果は2回発動しますか?
A:発動するのは1回です。(19/03/03)


Tag: 《呪眼の死徒 サリエル》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1600 守1400 呪眼

広告