呪眼(じゅがん)死徒(しと) メドゥサ》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1400/守1600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
「呪眼の死徒 メドゥサ」以外の自分の墓地の「呪眼」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、
相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。
自分の墓地のカード1枚を選んで除外する。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場する闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚に成功した時に同名カード以外の呪眼カードサルベージする効果《セレンの呪眼》装備している時に、相手墓地モンスター除外する効果、(2)の効果発動した次のターンスタンバイフェイズに、自分墓地カード除外する効果を持つ。

 (1)は同名カード以外の呪眼カードサルベージ
 《呪眼の死徒 サリエル》と同様、《セレンの呪眼》サルベージして(2)の効果の発動を狙いたい。
 こちらはサルベージのため序盤で発動できないことがあり、《セレンの呪眼》墓地コストに使われてしまうこともある。

 (2)は《セレンの呪眼》装備している時に、フリーチェーン相手墓地モンスター除外する効果
 蘇生サルベージを阻害でき、あちらの効果耐性を得るので、相手によっては非常に動きづらくなる。
 ただし、ボード・アドバンテージを稼げているわけではないためあまり影響力の大きい効果とはいえない。

 (3)は(2)の効果の発動をした次のスタンバイフェイズ自分墓地カード除外する効果
 除外するカードはなんでもいいので使用済みの汎用カードなどを除外しておきたい。
 また、自分墓地カードが存在しなければデメリットを踏み倒すことも可能。
 ただしその状態で《セレンの呪眼》墓地へ送られた場合はそれを除外することになってしまう点は注意。

 単体の性能は悪くないが、《呪眼の死徒 サリエル》と比べるとどうしても効果が見劣りしてしまう。
 しかし、現状呪眼モンスターが少ないこともあり、《セレンの呪眼》装備対象呪眼カード発動条件《呪眼の王 ザラキエル》リンク素材として十分に活用できる。

  • 呪眼に属していることから、名前の由来は視線が合った相手を石に変える怪物「メドゥーサ」だろう。

関連カード

―《呪眼の死徒 メドゥサ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《呪眼の死徒 メドゥサ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1400 守1600 呪眼

広告