呪術抹消(じゅじゅつまっしょう)/Spell Vanishing》

カウンター罠
手札からカードを2枚捨てる。
魔法カードの発動を無効にし、それを破壊する。
さらに相手の手札とデッキを確認し、
破壊した魔法カードと同名のカードがあった場合全て墓地へ送る。

 闇魔界の脅威で登場したカウンター罠
 魔法カード発動無効にし、その同名カードを全て墓地へ送る効果を持つ。

 手札コストが増加した分、追加効果のある《マジック・ジャマー》と言える。
 類似効果を持つ《封魔の呪印》とは、コストと後半の効果が異なる。
 サルベージによる再利用を許さず、該当カードドローされたとき腐らせることができる点で、拘束力では《封魔の呪印》に分がある。
 反面、こちらは魔法カード以外もコストにできる点と、相手の手札デッキを全て確認できる点で勝る。
 手札コストが1枚少ないが墓地へ送るメリットが少ない場合が多い魔法カードを要求するあちらとは相互互換の関係にある。
 手札コストには《ダンディライオン》《サンダー・ドラゴン》《ヴォルカニック・バレット》等を使えばディスアドバンテージを軽減できる。
 手札同名カードが存在していた場合、《封魔の呪印》と比べて手札コストブラフとしての使用も許さない点で勝る。
 魔導書《リチュアの儀水鏡》などを除けば、墓地に送られた魔法カードを再利用する手段は少ない。

 最大の利点は、無効にしたカード制限カードだったり、3枚積みされていることが明白な場合であっても手札デッキ確認でき、情報アドバンテージを稼げる点である。
 ピーピングを行えるカードは多いが、コストを除けば1枚で手札デッキ全てを確実にピーピング出来るカードはこのカードのみである。
 《マジック・ジャマー》手札コストを1枚追加することで絶対的な情報アドバンテージを得られると考えれば、中々割に合う条件だろう。
 マッチ戦ならば、1戦目にこれで相手デッキ構成を把握してから、【指名ハンデス】へとデッキを変える手がある。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「クロウvsブレイブ」戦においてブレイブの手札に確認出来る。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:制限カードや既に墓地に2枚以上置かれていた場合など、デッキ手札にそれ以上ないことが明らかな場合でも確認できますか?
A:はい、その場合でも相手手札デッキ確認します。(09/03/02)

Q:魔法カード無効化と、同名カード墓地へ送る効果は同時ですか?
A:同時ではありません。(10/08/26)

Q:《歯車街》無効化した場合、アンティーク・ギアと名のつくモンスター特殊召喚できますか?
A:タイミングを逃すため、できません。(10/08/26)

広告