呪符竜(アミュレット・ドラゴン)/Amulet Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚
または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分・相手の墓地の魔法カードを任意の数だけ対象として発動する。
そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×100アップする。
(2):このカードが破壊された場合、
自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
その魔法使い族モンスターを特殊召喚する。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 特殊召喚に成功した時に墓地魔法カード除外自己強化する誘発効果破壊された場合に墓地魔法使い族モンスター蘇生させる誘発効果を持つ。

 融合素材《ブラック・マジシャン》ドラゴン族に指定されているが、《ティマイオスの眼》特殊召喚できるため【ブラック・マジシャン】で出すのは容易い。
 同じく《ティマイオスの眼》を共有できる《超魔導剣士−ブラック・パラディン》《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》とも併用しやすい。

 《龍の鏡》でも融合召喚できるが、正規の融合召喚を行う場合にはドラゴン族をどの程度採用するかをよく考える必要がある。
 【ブラック・マジシャン】ドラゴン族を入れ過ぎるとデッキ全体のバランスが崩れるので、汎用性の高いドラゴン族を少量入れておくか、エクストラデッキカードを利用したい。
 このカード《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》自体がドラゴン族なので、墓地に存在すれば2体目以降の融合素材にできる。
 ドラゴン族をそれなりの枚数採用する場合は《超魔導剣士−ブラック・パラディン》強化にもつながるため、ある程度特化させても良いだろう。

 (1)の効果により、自身の攻撃力を上昇しつつ相手魔法カードの再利用も妨害できる。
 上昇率は低いものの、このカード特殊召喚に利用した魔法カードが最低1枚は墓地にあるため、基本攻撃力は3000となる。
 除外する魔法カードは選択可能なため、除外したくない自分魔法カード墓地に残すことも可能。

 (2)の効果は自身が破壊された場合に墓地魔法使い族蘇生させるもの。
 破壊の手段は問わないため自分の破壊に巻き込んでもよく、(1)の効果除外する枚数を調整すれば相打ちからの追撃も狙える。
 融合素材となった《ブラック・マジシャン》蘇生もできるため、無駄になることは少ないだろう。
 また、墓地へ送られる必要は無い為、《奈落の落とし穴》などで破壊された場合でも蘇生できるのも利点。
 《永遠の魂》フィールド離れる際の破壊に巻き込まれた場合も、後続を特殊召喚することでリカバリーできる。

  • イラストのドラゴンに書かれている呪符は「BLACK」の文字を崩した形と思われる。
  • アニメではカードの画像が映らなかったため、登場から10年以上の時を経たOCG化に伴って初めて《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》という表記が明らかになった。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果カード除外する処理と攻撃力がアップする処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/05/17)

Q:ダメージステップに(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/19)


Tag: 《呪符竜》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2900 守2500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告