十二獣(じゅうにしし)方合(ほうごう)/Zoodiac Combo》

通常罠
(1):自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 レイジング・テンペストで登場した通常罠
 十二獣エクシーズ素材を増やす効果墓地の自身をコスト墓地十二獣デッキ戻しドローする効果を持つ。

 (1)はデッキ十二獣モンスターエクシーズ素材にできる効果
 十二獣エクシーズモンスターは素材となっている十二獣の攻守の合計がステータスとなり、メインデッキ十二獣は自身を素材とするエクシーズモンスター効果を付与する能力を持つ。
 よってこの効果は、「効果コストとなるエクシーズ素材を補充し」「攻守をアップさせ」「モンスター効果を付与する」という一石三鳥の効果と言える。
 《十二獣ヴァイパー》と同様にダメージステップ発動することはできないが、《十二獣サラブレード》を素材化すれば攻撃力が1600もアップするので、コンバットトリックとしての性能も十分である。

 (2)は十二獣カード限定の《貪欲な瓶》
 5枚を対象にするとあるが、同名カードは1枚までなので実質的には5種類の十二獣デッキに戻すことになる。
 【十二獣】エクシーズモンスターを1ターンに何枚も消費する一方、エクストラデッキからエクシーズモンスターが枯渇すると全く動けなくなってしまうデッキでもある。
 エクシーズモンスター《十二獣モルモラット》エクストラデッキデッキに戻せるこの効果の需要は高い。

 (1)の効果は便利ではあるのだが通常罠ゆえに遅さが目立つので、《十二獣モルモラット》の(1)の効果墓地へ送り、(2)の効果を中心に運用されることが多い。
 デッキから直接墓地に送り込めるので、採用枚数は少なめでも十分機能するだろう。

  • 方合とは東西南北の四方に対応する三支が揃う事。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《十二獣の方合》 通常罠 十二獣

広告