十二獣(じゅうにしし)クックル/Zoodiac Kataroost》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻 800/守1200
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
(2):このカードを素材として持っている、
元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

 マキシマム・クライシスで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 破壊された場合に墓地十二獣デッキ戻す誘発効果獣戦士族エクシーズ素材となっている時に対象をとるモンスター効果発動無効にする誘発即時効果を付与するルール効果を持つ。

 (1)の効果《十二獣ラム》と同じトリガー墓地十二獣デッキ戻す効果
 役割は《十二獣の方合》と被っており、十二獣エクシーズモンスターを重ねてから墓地に落とす動きが多い。
 そのため、戻す枚数が多いあちらの方が使いやすく、こちらは発動条件もあるため、使いにくい。

 (2)の効果によって獣戦士族エクシーズモンスターモンスター効果への耐性を得る。
 対象を取るものに限られているものの、モンスター効果が使われる機会は多く、牽制としては十分。
 ただし仕事が《十二獣ハマーコング》と被っている。

 類似効果《十二獣ラム》《十二獣ラビーナ》は主に破壊された場合の効果を活用して活躍しているが、蘇生サルベージができる上記2枚と比べこのカード破壊された場合の効果の需要は低い。
 純【十二獣】でもほとんど採用されていないのが現状である。

  • モチーフは十二支の「酉」と思われる。
    カード名は鶏の鳴き声である「Cock-a-doodle-doo」が由来だろう。
    • 英語名の由来は「Katar(カタール)」+「Rooster(おんどり)」か。
      カタールとはインド地方のイラストのように手に持つと拳の先に刀身が来る様な造りになっている短剣を主に指しているが、これは誤解から生じた誤りであり、本場ではジャマダハルという名前である。

関連カード

―《十二獣クックル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《十二獣クックル》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻800 守1200 十二獣

広告