十二獣(じゅうにしし)タイグリス/Zoodiac Tigermortar》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドのXモンスター1体と
自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。
その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

 レイジング・テンペストで登場した地属性獣戦士族エクシーズモンスター
 十二獣エクシーズモンスターの共通能力に加え、墓地十二獣エクシーズ素材にする起動効果を持つ。

 十二獣エクシーズモンスターの共通能力である召喚条件と(1)の効果については《十二獣ブルホーン》を参照。
 なお正規のエクシーズ素材は3体と、【十二獣】でも正規のエクシーズ召喚を行える機会が稀にある範囲である。
 素材の攻撃力によってはかなり高いステータスでのエクシーズ召喚が可能である。

 (2)は、自身のエクシーズ素材コストに、エクシーズモンスターエクシーズ素材を補充する効果
 十二獣エクシーズモンスターはいずれも攻守?であり、共通の召喚条件により重ねても(1)の効果による攻守の上昇に貢献できない。
 エクシーズモンスターコストとして取り除き、非エクシーズモンスター十二獣を素材化すれば、攻撃力守備力をアップさせる事ができる。
 同時にエクシーズモンスター以外の十二獣が持つ「エクシーズ素材となっている時にエクシーズモンスターへ付与されるモンスター効果」も獲得できる。
 効果使用後はこのカードのまま残しておく意味はあまりないので、別の十二獣を重ねるのが基本となる。

 この効果は主に「自身」か「《十二獣ライカ》蘇生した十二獣」を対象に使うことが多い。
 このカード自身を対象として発動した場合、「エクシーズ素材1枚を墓地十二獣と交換する効果」となる。
 攻撃力の高い十二獣を重ねることで自己強化となる。
 もう1つの主用途は《十二獣ライカ》蘇生した十二獣エクシーズモンスターエクシーズ素材を与え、効果を使用可能にする事である。
 特に《十二獣ハマーコング》との相性がよく、《十二獣ライカ》の制約で蘇生ターン中は効果無効となるためにエンドフェイズエクシーズ素材を取り除く処理を行わずに済む。
 効果無効化は自分ターン終了と同時に解けるため、次の相手ターンには耐性効果を問題なく発揮できる。

  • モチーフは十二支の「寅」と思われる。
    「タイグリス(Tigress)」は英語で「雌のトラ、残忍な女、あばずれ女」といった意味を持ち、イラストもトラの要素を持つ少女である。
    もっとも、イラストを見る限りでは上記の語義のうち反映されているのは「雌のトラ」の部分だけである。
    • 英語名の「mortar」は迫撃砲を意味する。
      本人が乗っている物体が迫撃砲という事なのだろう。

関連カード

―《十二獣タイグリス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《十二獣タイグリス》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 地属性 獣戦士族 攻? 守? 十二獣

広告