十二獣(じゅうにしし)モルモラット/Zoodiac Ratpier》

効果モンスター(制限カード)
星4/地属性/獣戦士族/攻   0/守   0
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードを素材として持っている、
元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 召喚に成功した場合に十二獣墓地へ送る誘発効果獣戦士族エクシーズ素材となっている時に同名カードリクルートする起動効果を付与するルール効果を持つ。

 (1)の効果十二獣カード墓地へ送る効果
 《十二獣サラブレード》墓地へ送り《十二獣タイグリス》エクシーズ素材化してエクシーズモンスター攻撃力を上げたり、《十二獣ライカ》蘇生させる《十二獣ラム》などを墓地へ送ることができる。
 《十二獣の方合》墓地に送り、急速にエクストラデッキから失われる十二獣エクシーズモンスターの回収の準備を行うことも可能。

 (2)は獣戦士族エクシーズモンスターに「《十二獣モルモラット》をリクルートする効果」を付与するもの。
 発動するにはエクシーズ素材として1枚、デッキに1枚以上の《十二獣モルモラット》が必要であり、制限カードとなっている現在は、事実上この効果は使用不可能である。
 なお、1ターンに1度の制約がついているものの、効果使用後に別の十二獣を重ねることで再度リクルート効果発動できるという裁定である。
 そのため、制限カード化前は十二獣エクシーズモンスターと併せ1体から容易に2体の追加リクルートが可能であり、別のランク4を出したり、自身が十二獣なので別の十二獣エクシーズモンスターを重ねるなどし、大幅なアドバンテージを稼げた。
 より詳細な解説は【十二獣】戦術の項を参照。

 制限カードになったため(2)の効果の使用が不可能になったものの、純構築や、それに近い【十二獣】においてはピン挿しでも採用されやすい。
 元々サーチしやすく、(1)の効果《十二獣の方合》墓地へ送ることで擬似《貪欲な壺》として機能する強みは失われていない。
 加えて、このカード制限カード化したことにより、【十二獣】《強欲で貪欲な壺》が採用できる様になった事が大きい。
 十二獣は元から墓地からの再利用が容易であるが、デッキから墓地へ送る手段はこのカードのみ。
 1枚でも多くメインデッキ以外に移動させればその分《強欲で貪欲な壺》の使用後でも動きやすいため、活用の余地が生まれたのである。

  • なお、(2)の効果発動できる可能性は完全になくなったわけではなく、一応相手の《十二獣モルモラット》をコントロール奪取すれば可能ではあるが、現実的ではない。
  • モチーフは十二支の「子」と思われる。
    カード名は「モルモット」と「ラット」を組み合わせたものだろう。
    共に実験動物として飼育されることが多い齧歯目の生物である。
    また、イラストでは騎士風の姿をしていることから、アーサー王伝説の「モルドレッド」から捩ったとも考えられる。

関連カード

―《十二獣モルモラット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

※いずれも制限カード化以前の話である

収録パック等


Tag: 《十二獣モルモラット》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻0 守0 十二獣

広告