渋い(シルバー)忍者(にんじゃ)/Senior Silver Ninja》

効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2300/守2200
このカードがリバースした時、
自分の手札・墓地から「渋い忍者」以外の「忍者」と名のついたモンスターを
任意の数だけ裏側守備表示で特殊召喚する事ができる。
「渋い忍者」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した地属性戦士族上級モンスター
 忍者の1体であり、リバースした時に手札墓地から同名カード以外の忍者を任意の数セットできる誘発効果と、同名カードの存在を制限するルール効果を持つ。

 リバース時に忍者を大量展開できるが、全て裏側守備表示での特殊召喚となる。
 そのため展開時に即座に攻撃に転じれるわけではなく、《忍者マスター SASUKE》等とは相性が悪い。
 よってこのカードを活かすのであれば、なるべくリバースモンスター忍者と併用したい。
 墓地だけでなく手札からのセットも可能なので、デュエル序盤から積極的に狙ってもよい。

 しかし上級モンスターセットする時点で非常に珍しいプレイングである。
 性質上忍者モンスターを併用するため、伏せたモンスターの正体がこのカードである事を相手に容易に推測・警戒させる。
 そのため、敢えてこのカードと認識させつつも、即座にリバースできるサポートカードを採用したい。

 アドバンスセットだけでは手間が掛かるので、《死皇帝の陵墓》《浅すぎた墓穴》によるサポートが欲しいところ。
 《バースト・リバース》相手ターン発動でき、エンドフェイズセットすることで自ターンで即座にリバースできる。
 同様に《忍法 分身の術》でも相手ターンにこのカードセットさせることができる。
 リリースに使った忍者蘇生でき、対応するレベル6にはこのカードに加え《赤竜の忍者》も利用できる。
 いずれもリバース及び反転召喚効果発動できるため相性は抜群。

 やむを得ずアドバンスセットする場合は、除去を兼ねつつリリースできる《帝王の烈旋》《クロス・ソウル》を使うと良い。
 カラクリ忍者が使いにくくなるが、戦士族で統一すれば《不死武士》リリース要員に採用できるか。

 即座にリバースさせる手段としては《召喚制限−猛突するモンスター》が候補に上がる。
 《浅すぎた墓穴》等でセットすれば即座にリバースして忍者セットでき、そのセットした忍者リバースする。
 この時《青い忍者》《赤い忍者》《カラクリ忍者 参参九》セットできれば除去効果発動した後に攻撃に参加できる。
 これ以外には《硫酸のたまった落とし穴》と組み合せても面白い。
 守備力が2000より高いモンスターなのでリバース時に破壊されず、一時的に表側表示となって裏側守備表示状態へと戻る。

  • 《青い忍者》等と同じく、色の名前を持つ忍者であり、その読みは当て字である。
    「渋い」と書いて「シルバー」と読ませるのは、「(いぶ)し銀」という言葉からきているのだろうか。
    下記の英語名から見るに「高齢」という意味もある様で、忍者の中でも古参の兵なのだろう。
  • 英語名の「Senior」は「年長の」という意味。
    日本では「シルバー」には「高齢者」という意味もあるが、英語の「Silver」にはそういう意味はないので、「Senior」が追加されたのだろう。
  • Vジャンプ2013年12月号掲載の闇川のデッキレシピでは、このカードの収録弾が「ORCS」と書かれている。

関連カード

―《渋い忍者》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードチェーン2以降でリバースした場合、タイミングを逃さず効果発動することができますか?
A:いいえ、タイミングを逃し発動する事ができません。(12/03/17)

Q:このカード対象《硫酸のたまった落とし穴》を使用した場合、タイミングを逃さず効果発動することができますか?
A:はい、《硫酸のたまった落とし穴》効果処理が終了した後に、このカード効果発動する事ができます。(13/02/03)

Q:《渋い忍者》の効果で任意枚数の忍者裏側守備表示特殊召喚する際は、全てのモンスターを同時にセットする扱いですか?
A:はい、《渋い忍者》の効果によって裏側守備表示特殊召喚する忍者と名のつくモンスターは、全て同時に特殊召喚された扱いとなります。(12/03/23)


Tag: 《渋い忍者》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2300 守2200 忍者

広告