重機王(じゅうきおう)ドボク・ザーク/Digvorzhak, King of Heavy Industry》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/地属性/機械族/攻3200/守2000
レベル5モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
この効果で墓地へ送ったカードの中にモンスターカードがあった場合、
その数まで相手フィールド上のカードを破壊する。

 V JUMP EDITION 6で登場した地属性機械族エクシーズモンスター
 相手デッキカードを3枚墓地へ送り、その中のモンスターカードの枚数だけ相手フィールド上のカード破壊できる起動効果を持つ。

 上級モンスター3体を必要とする、非常に重いモンスターである。
 ただ聖刻モンスター効果を活用したり、《太陽の神官》《バイス・ドラゴン》《地獄の暴走召喚》で揃えればディスアドバンテージを抑えつつ素材を並べられる。
 相手特殊召喚したモンスターもこのカードの効果攻撃破壊してしまえばアドバンテージ差も解消できる。
 【機械族】ならば《人造木人18》《サテライト・キャノン》《機械複製術》を使ったり、ガジェット等を《サモンチェーン》で揃えた後、《穿孔重機ドリルジャンボ》レベルを5に揃えたりする手もある。

 しかし、重いにも関わらず耐性が全くなく、除去にも不確定要素が多いなど問題点が多い。
 同ランクには2体素材で優秀な効果を持つモンスターが多く、打点要員としても《No.19 フリーザードン》から《FA−クリスタル・ゼロ・ランサー》に繋げた方が攻撃力が高い。
 従って真っ当な方法でランク5のエクシーズ召喚を狙うデッキでこのカードが優先される可能性は非常に低いと言わざるを得ない。

  • 見た目や攻撃名を見るに、モデルは「バケットホイールエクスカベーター(Bucket Wheel Excavator)」だろう。
    露天採掘に用いられる掘削機械で、その巨大さは全長200mを軽く超え、「世界一大きな自走機械」としてギネスに登録されている機種もある程である。
    イラストでも確認できる歯車状の部分(バケットホイール)を回転させて鉱物を削り取り、ベルトコンベアーで運搬する事で連続掘削を可能としたのが大きな特徴とされている。
  • 「ドボク・ザーク」は、「土木工事」とチェコの作曲家「ドヴォルザーク」を掛けたものだろう。
  • 英語名は「ドヴォルザーク」と「掘る」を意味する英単語「dig」を掛け合わせている。

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果モンスターを3枚墓地へ送った場合、必ず相手フィールド上のカードを3枚選択して破壊する必要がありますか?(3枚だった場合、0〜3のいずれの数でもよいのか)
A:その場合、1〜3枚選択して破壊します。また、0枚という選択はできません。(12/07/22)

Q:相手デッキカードが3枚未満の時にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/01/07)

Q:効果解決時相手デッキカードの枚数が3枚未満になった場合、墓地へ送る効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/01/07)

Q:デッキの上からカード墓地へ送るのと相手フィールド上のカード破壊するのは同時ですか?
A:いいえ、デッキの上からカード墓地へ送った後、その中に含まれるモンスターカードの数までフィールド上のカード破壊する、といった順に処理を行います。(12/07/22)

Q:相手フィールド上のカードが存在しない時にこのカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/22)

Q:このカードの効果発動した場合、《スターダスト・ドラゴン》効果発動できますか?
A:破壊が不確定であるため発動できません。(12/01/07)

Q:《天変地異》が存在し、相手デッキの上のカードモンスターと判明している状況でこのカードの効果発動した場合、《スターダスト・ドラゴン》効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/05/25)

Q:対象を取る効果ですか?
A:対象をとらない効果です。(13/07/20)


Tag: 《重機王ドボク・ザーク》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク5 地属性 機械族 攻3200 守2000

広告