重力崩壊(じゅうりょくほうかい)/Gravity Collapse》

カウンター罠
自分フィールド上に表側表示で存在する
シンクロモンスター1体を墓地へ送って発動する。
相手モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。
このターンのエンドフェイズ時まで
相手はモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STARSTRIKE BLASTで登場したカウンター罠
 自分フィールドシンクロモンスターコストに、相手モンスター召喚行為を無効にし、更にそのターン中の各種召喚を抑制する効果を持つ。

 発動条件が厳しくなった代わりに、追加効果を得た《昇天の角笛》である。
 ほぼ確実にそのターン相手の展開を防げるものの、自分シンクロモンスターを失ってしまうのはかなりの痛手である。
 既に相手に数体のモンスターがいる状況など、自分シンクロモンスターを失うデメリットの方が大きくなる局面も少なくないだろう。
 先にシンクロモンスター除去される場合も多く、腐りやすいのも難点。
 また、《冥府の使者ゴーズ》《死者蘇生》などのチェーンブロックを作る特殊召喚に対して発動できないため、類似する役割を持つ《神の警告》に比べるとかなり見劣りする。
 《神の宣告》などによって無効にされるリスクも考えると、重いコストのこのカードは無暗に採用し難い。

 もっとも、現環境では特殊召喚を多用して大量展開するデッキが主流で、相手の初手を封じて1ターン分の展開を完封できるメリットは大きい。
 相手がこちらのシンクロモンスター戦闘モンスター効果によって除去しようとするケースは多く、狙い目となる。
 使用する場合はシンクロ召喚を行いやすいデッキに投入し、魔力カウンターを使い切った《アーカナイト・マジシャン》コストに使うなど、ディスアドバンテージの軽減に努めたい。
 低レベルを中心とした【シンクロ召喚】では、《フォーミュラ・シンクロン》などのアドバンテージを失いにくいモンスターを利用できる。
 《アルティマヤ・ツィオルキン》が存在する時にセットすればコストの確保は容易になる。
 スピードロイドシンクロモンスター自己再生する効果墓地へ送られた際の効果を持つため、コストとして打って付けである。

  • 「重力崩壊」とは、星としての寿命が終わりつつある恒星が、自身の強大な重力に耐え切れずに崩壊する物理現象の事。
    重力崩壊を起こした星は中心部に向かって圧縮されていき、最終的に超新星爆発を起こしてブラックホールや中性子星などになる。
    しかし、イラストを見る限り、崩壊している星は明らかに恒星ではなく、草木の茂った岩石惑星である。
    重力の異常によってフィールドを崩壊させ、召喚を失敗させる(無効)という意味だろうか。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「クロウvsヘルマン」戦においてクロウが使用。
    罠カード《リバイバル・ナイト》による《ヒドゥン・ナイト−フック−》の蘇生《ブラックフェザー・ドラゴン》リリースして無効にした。
    「遊星vsアンチノミー」戦においてアンチノミーの手札にあるのが確認できる。
    また、そのデュエルでのアンチノミーの回想シーンでもアンチノミーがセットしている。

関連カード

イラスト関連

―重力に関するカード

収録パック等


Tag: 《重力崩壊》 カウンター罠

広告