俊足(しゅんそく)のギラザウルス/Gilasaurus》

効果モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻1400/守 400
(1):このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手は自身の墓地のモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した地属性恐竜族下級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、この方法で特殊召喚に成功した時に相手モンスター1体を蘇生できる誘発効果を持つ。

 ノーコスト特殊召喚できるので、状況に応じてアドバンス召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚・その他様々な用途に使える。
 便利な半面、相手フィールドモンスター完全蘇生させてしまうデメリットが生じてしまう。
 そのため、それを打破できる形での活用を求められる。

 《地獄の暴走召喚》発動条件を満たしやすくしたり、《カオスポッド》リバース効果を併用する事でも状況を変化させやすい。
 相手モンスターが増える事を利用して《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《奈落の落とし穴》等で除去を狙うのも良いだろう。
 《つり天井》《宝玉の氾濫》等のモンスターの数を参照するカードの調整用にも使えるが、ディスアドバンテージには注意。

 【マドルチェ】では《クイーンマドルチェ・ティアラミス》の存在から特に相性が良い。
 仮に相手フィールド上に特殊召喚されたとしても、バウンスする対象を用意できるため、デメリットを相殺することが可能。

 デメリットを考えると、とにかく速さとコンボ性が求められるカードだと言える。
 《化石調査》を使って手札に引き込み、序盤で活用できるようにしておきたい。
 他には《魂の解放》等を使ってあらかじめ相手墓地モンスター除外しておいたり、(2)の効果発動に対し、《虚無空間》等をチェーン発動して蘇生を阻害する事といった方法も考えられる。

  • モチーフは特徴的な後ろ足のかぎ爪や、小型で細身の恐竜ということで、ディノニクスやヴェロキラプトル等のドロマエオサウルス科に属する様な恐竜と考えられる。
    これらの恐竜は実際に脚力に優れ、「俊足」であったとされる。

関連カード

―無条件で手札から特殊召喚できるモンスター

―ドロマエオサウルス科のモンスター

―《俊足のギラザウルス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果での特殊召喚表側攻撃表示のみですか?
A:いいえ、表側守備表示特殊召喚する事もできます。(11/08/13)

Q:相手墓地モンスターが存在しない場合、このカードを(1)の効果特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(11/05/12)

Q:(2)の誘発効果強制効果ですか?
A:はい、(1)の効果特殊召喚に成功したならば必ず発動します。(17/02/25)

Q:(2)の誘発効果対象をとる(指定する)効果ですか?
A:いいえ、モンスターを選ぶのは効果処理時です。(17/02/25)


Tag: 《俊足のギラザウルス》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 恐竜族 攻1400 守400

広告