瞬間融合(しゅんかんゆうごう)/Flash Fusion》

速攻魔法
(1):自分フィールドから
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した速攻魔法
 速攻魔法版の《融合》だが、フィールド融合しかできずエンドフェイズ破壊されるデメリットを持つ。

 速攻魔法であるため用途は《融合》より広く、特にバトルフェイズ中の追撃を可能とすることが主な持ち味と言える。
 しかし、代償として課せられた2つの制約が重く、どちらも使い勝手に小さくない打撃を与えている。
 破壊はまだ回避のしようもあるが、融合召喚フィールド融合に制限される問題は避けられない。

 また、制限カード手札コストこそ必要になるが効果自体は完全な上位互換《超融合》が存在している。
 特に、相手モンスターを容易に融合素材にできるE・HEROシャドールにおいて、このカードの出番はまずないだろう。
 他にも、カテゴリ専用カードには、《輝石融合》《神の写し身との接触》《重錬装融合》等のライバルがおり、これらはデメリットが無かったり、追加効果を備えたりするため、使い勝手で劣るこのカードの立場は苦しい。

 フィールドに素材を集めるのが苦にならない、融合素材指定が緩い融合モンスターを用いる場合は比較的採用しやすい。
 《サイバー・ドラゴン》2体からの《サイバー・ツイン・ドラゴン》HERO2体からの《V・HERO アドレイション》アンデット族2体からの《冥界龍 ドラゴネクロ》闇属性2体から出せる《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》などが候補に挙げられる。
 ただし、エンドフェイズ自壊の問題が残り、高レベル融合モンスターは素材にして自壊を回避するのもそう簡単にはいかない。
 攻撃的な融合モンスターを出し、そのまま決着をつけてしまうのが使い方としてはベストである。
 《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》破壊された場合に相手モンスター破壊する効果を持つため、この自壊も有効に扱える。

 一応、自壊効果を利用して《エルシャドール・ミドラーシュ》相手ターン特殊召喚し、相手の展開を阻害し各シャドール効果を使いつつ、自分ターンでの拘束を避けるという使い方もある。
 相手ターン中に融合召喚し、そのエンドフェイズ《バーサーク・デッド・ドラゴン》特殊召喚を狙うのも面白いかも知れない。

  • 初登場した際は、カード名の読みが「インスタント・フュージョン」だった。
    その後OCGで同じ読みの《簡易融合》が登場し、以降の「翔vsヘルカイザー亮」戦からは「しゅんかんゆうごう」と読みが変えられている。
    OCG化の際カード名が変更されることは稀にあるが、アニメ内で変更されるというのはこれが唯一の事例である。
  • 漫画GXにおいて、罠カードで同じ効果の《アナザー・フュージョン》を十代が使用している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《瞬間融合》 魔法 速攻魔法 融合

広告