召喚雲(サモンクラウド)/Summon Cloud》

永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、自分の手札または墓地から
レベル4以下の「雲魔物」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。
墓地から特殊召喚した場合はこのカードを破壊する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した永続魔法
 1ターンに1度下級雲魔物手札墓地から特殊召喚できるが、墓地から特殊召喚した場合は自壊する。

 雲魔物はほとんどが天使族なので、手札からの特殊召喚であれば、《神の居城−ヴァルハラ》でも似た運用が可能。
 こちらは墓地からの特殊召喚も可能であり、使い切りの完全蘇生カードとしても機能する。

 手札からの特殊召喚は消費が激しいので、大抵は使い切りの蘇生カードとして扱うことになるだろう。
 ただし、デュエル序盤や《サルベージ》などで手札雲魔物が溜まる場合があるため、手札からの特殊召喚も選択肢として意識はしておきたい。

 《雲魔物−羊雲》《雲魔物−ポイズン・クラウド》召喚時の誘発効果を持たないため、特殊召喚しても変わらず運用可能。
 他には《雲魔物−アルトス》であれば、他のカードフォッグカウンターも利用できるため効果発動させやすい。
 とは言え、実際は効果が使用できるような雲魔物特殊召喚することに拘らず、単に雲魔物を1体増やすカードとして運用した方がいいことも多い。
 特殊召喚後に《雲魔物−キロスタス》《雲魔物−アシッド・クラウド》を続けて召喚すれば、効果発動できるためそちらでアドバンテージは獲得できる。

 シンクロ召喚エクシーズ召喚重視の【雲魔物】では、フォッグカウンターが乗らないことが大きな欠点にならないため比較的扱いやすい。
 適当なレベル雲魔物特殊召喚した後手札レベル雲魔物召喚召喚時に乗ったフォッグカウンターを使って効果発動エクシーズ召喚、という流れが理想的である。
 ただし、墓地コストこそ必要だが単体で運用できフォッグカウンターも増やせる《雲魔物−ストーム・ドラゴン》という競合相手もあるので、採用枚数はよく考えること。
 などのリリース確保目的にも使えるが、それならば特殊召喚可能なモンスターを積んだ方が大抵は早い。

  • アニメでは以下のテキストだった。
    自分のスタンバイフェイズに手札を1枚墓地に送る。
    送らない場合、このカードを破壊する。
    手札の「雲魔物」と名の付くレベル4以下のモンスターを特殊召喚することができる。
    維持するために手札コスト1枚が必要で特殊召喚元が手札に限られる代わりに発動条件や回数制限がなく、OCG化されたものと大きく異なっている。
    また、イラストは広がる灰色の雲から白い光が差し込んでいるものとなっていた。
  • また、「万丈目vsアモン」戦では、よりハイリスク・ハイリターンになった上位種大召喚雲(ビッグサモンクラウド)》も登場している。

関連カード

―類似効果

手札からモンスター特殊召喚可能な永続魔法については《ミイラの呼び声》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地から特殊召喚した場合にこのカード破壊される効果は、チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/05/09)

Q:効果解決時に他のカードの効果自分フィールド上にモンスター特殊召喚された場合、このカード特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/09/29)

Q:このカードの効果特殊召喚するモンスターを選ぶのはいつですか?
A:このカードの効果対象を取る効果ではありません。
  よって、特殊召喚するモンスターを選ぶのは、効果処理時となります。(13/02/20)

Q:墓地から特殊召喚してこのカード破壊された場合、効果処理終了後に《激流葬》発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(13/02/21)

Q:《マジック・ガードナー》カウンター《カードガード》ガードカウンターで、墓地から特殊召喚した際の自壊を防ぐことはできますか?
A:はい、できます。(13/10/30)


Tag: 《召喚雲》 魔法 永続魔法

広告