召喚獣(しょうかんじゅう)アウゴエイデス》

融合・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2000/守2800
「召喚師アレイスター」+融合モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、または相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から融合モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力の数値分アップする。

 ETERNITY CODEで登場した光属性天使族融合モンスター
 自身または相手モンスター特殊召喚に成功した場合に相手モンスター破壊できる誘発効果墓地融合モンスター除外してその攻撃力分だけ自己強化する起動効果を持つ。

 融合素材《召喚師アレイスター》融合モンスターに指定されている。
 類似する《召喚獣エリュシオン》と比べると、こちらはリンクモンスター等を使えない代わりに、融合モンスターなら蘇生したものや墓地にいるものも使用できる。
 除去されたり《法の聖典》リリースした召喚獣を利用して《召喚魔術》墓地融合できるので、あちらよりディスアドバンテージを抑えやすい。
 あちらと同様、《簡易融合》などを用いて調達するのも良い。

 (1)は自身または相手モンスター特殊召喚トリガーとしたモンスター除去
 類似効果を持つ《月華竜 ブラック・ローズ》と同様に制圧や妨害に利用できる。
 あちらと異なり任意効果なので発動タイミングを調整しやすく、相手モンスターレベル制限も無いので発動しやすい。
 代わりに対処されやすい破壊であるため、デッキによっては効果的に機能しない可能性もある。

 このカード速攻魔法である《法の聖典》にも対応するため、相手ターン等に奇襲的に使える除去としても運用できる。
 また、特殊召喚さえされれば融合召喚以外でも良いため、蘇生でも除去を行うことができる。

 (2)は墓地融合モンスターコストにした自己強化
 こちらも融合モンスターでさえあれば種類を問わないため、融合召喚軸の豊富なデッキで活用できる。
 最大で5000の強化が可能であり、召喚獣に限っても《召喚獣エリュシオン》《召喚獣メガラニカ》コストにすれば3000以上の強化が見込める。
 強化は相手ターン終了時まで継続するので返しのターンでも高い打点を保持できる。
 ただし、墓地融合でこのカードを出した場合、墓地コストとなる融合モンスターが存在しない可能性もある点に注意。

 《宣告者の神巫》とは相性が良く、融合素材または(2)の墓地コストとなる融合モンスターをあちらの効果で用意できる。
 また、このカード墓地へ送れ《召喚獣エリュシオン》融合召喚をサポートする事も可能。

 (1)の効果相手の展開を抑制しやすいが、正規の融合召喚の場合は《捕食植物ドラゴスタペリア》も出せる。
 あちらはフリーチェーンモンスター効果の発動を封じるのでエクストラデッキと相談しながら使い分けられるようにできるといい。
 こちらは融合素材代用モンスター融合モンスターでも出せるため、【正規融合】での出しやすさはこちらが上回るか。

  • 「アウゴエイデス/Augoeides」はギリシャ語で 「光輝の存在」を意味する新プラトン主義の用語。
    「人間より高位に存在するエゴイズム、もしくはその霊体」を意味する。
    • このカード光属性である所以は、上記モチーフからであると考えられる。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《召喚獣アウゴエイデス》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 天使族 攻2000 守2800 召喚獣

広告