召喚獣(しょうかんじゅう)エリュシオン/Invoked Elysium》

融合・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3200/守4000
「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。
(2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した光属性天使族融合モンスター
 自身を闇属性地属性水属性炎属性風属性としても扱う永続効果召喚獣と同じ属性を持つ相手モンスター除外する誘発即時効果を持つ。

 融合素材召喚獣エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターである。
 《召喚魔術》墓地召喚獣融合素材にできるが、その場合召喚獣墓地から除外されてしまい、(2)の効果に使うには召喚獣を別に用意するか、自身を選択するしかなくなる。
 《簡易融合》から出せる《召喚獣ライディーン》を利用する、《召喚師アレイスター》《融合識別》を使って融合素材にする等の手段は欲しいところ。
 また、どのような形でもエクストラデッキから特殊召喚したモンスターを用意しなければならない。
 《召喚魔術》を使う場合でも、こちらの融合素材墓地から除外することはできないので、自分カードだけだと消費が大きくなる。
 相手エクストラデッキから出てきたモンスター《超融合》融合素材として除去するのがいいだろう。

 (2)の効果自分召喚獣1体とそれと属性が同じ相手モンスター除外する効果
 墓地召喚獣除外すれば消費を抑えられ、繰り返し利用可能になる。
 墓地召喚獣では1種類の属性しか除外できないが、デザイナーズデッキには属性を統一しているものが多く、相手墓地との融合相手が使う属性召喚獣を出せばいい。
 フィールドの自身を除外することも可能であり、その場合は(1)の効果神属性以外の相手モンスター除外できる。
 《魔法名−「大いなる獣」》などの帰還手段を用意しておけば繰り返し使える除外手段として機能する。
 このカード天使族なので《奇跡の光臨》が使える他、《次元誘爆》での発動を狙ってみてもいい。

  • 元ネタはギリシア神話に登場する死後の楽園を意味する「エーリュシオン」か。

関連カード

―複数の属性として扱う効果を持つカードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自身を対象発動したのち、チェーンしたカードによって効果解決時相手フィールドモンスターが存在しなくなりました。
  この場合でも《召喚獣エリュシオン》は除外されますか?
A:はい、除外されます。(16/11/21)

Q:「相手フィールドに存在しない属性」の召喚獣対象発動できますか?
A:いいえ、対象に選択できません。(16/11/21)


Tag: 《召喚獣エリュシオン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 光属性 天使族 攻3200 守4000 召喚獣 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告