召喚神(しょうかんしん)エクゾディア/The Legendary Exodia Incarnate》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻   ?/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「封印されし」モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地の
「封印されし」モンスターの数×1000アップする。
(2):このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分の墓地から「封印されし」モンスター1体を選んで手札に加える。
(4):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
手札の「封印されし」モンスターを任意の数だけ相手に見せ、
見せた数だけ自分はデッキからドローする。

 MILLENNIUM BOX GOLD EDITIONで登場した闇属性魔法使い族特殊召喚モンスター
 墓地封印されしに比例して自己強化する永続効果、あらゆる効果への耐性永続効果封印されし1体をサルベージする誘発効果戦闘破壊された場合に手札封印されしの数だけドローする誘発効果を持つ。

 エクゾディアパーツに関連した複数の効果を持つが、(1)の自己強化特殊勝利を狙う既存の【エクゾディア】のコンセプトとは合致しない。
 しかし、(2)の効果により除去されない高攻撃力モンスターとしても運用できるので特殊勝利までの時間を稼ぐことはできる。
 (3)のサルベージや(4)のドロー効果特殊勝利型の【エクゾディア】でも利用できないことはないが、この2つをメインにした場合墓地エクゾディアパーツを必要とする(1)の自己強化が活かせなくなる。
 このカードを採用するのであれば、あくまで《封印されしエクゾディア》サポートカードの1枚とするか、このカード自体を切り札とするかで構築が変わってくるだろう。

 このカード切り札にする場合、通常の【エクゾディア】と比べると墓地肥やしカードは必要だがそこからのサルベージ弱体化に繋がるので採用しなくてよい。
 空いたスペースには代わりに《予想GUY》《ワン・フォー・ワン》のようなエクゾディアパーツ特殊召喚サポートを入れてリリース確保に利用したい。
 《魔神火炎砲》による継続的な墓地肥やし等を使えば、(3)のデメリットを回避しつつ高打点を維持できるようになる。
 後は完全耐性除去の恐れがほぼない最大攻撃力5000を使って素早く相手ライフを0にしたい。
 同名カードの制限がないので、リリースさえ確保できれば高攻撃力2体の攻撃から《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚もできる。

 (3)のサルベージ効果や(4)のドロー効果をメインに使う場合、自身の効果以外にもサルベージサーチカードを使いエクゾディアパーツを多く手札に握れるようにしておきたい。
 自爆特攻でも(4)の効果発動できるが、特殊召喚直後ではリリースしたエクゾディアパーツが1枚墓地に落ちているのでサルベージしておきたい。

 どちらの構築でも《D.D.クロウ》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は致命傷となる。
 特に特殊勝利型の【エクゾディア】では除去カードを採用することが難しいので、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》を出される前に自爆特攻ドロー効果を使ってしまうのもいいだろう。

 ちなみにエクゾディアパーツ闇属性魔法使い族通常モンスターというサポートが多いカード群であるため、《魔神火炎砲》と共に、【魔法使い族】の一環として組み込む事もできる。

  • コナミのゲーム作品において―
    カプセルモンスターコロシアムではOCGに先駆けてモンスターとして登場している。
  • 真DM2のカードギャラリーのNo.671は《召喚神エクゾディア》だと攻略本では解説されている。
    しかしゲーム中には《召喚神エクゾディア》を入手する方法も、敵が《召喚神エクゾディア》を召喚してくる事もなく、それどころかゲーム内データに《召喚神エクゾディア》なるカードは存在しない。
    したがって、このゲームはカードギャラリーを全て埋めることが絶対にできない仕様となっている。
    だが、海外版ではエクゾディアパーツを全て揃えて召喚する事でカードギャラリーに埋まるように変更されており、オリジナルのイラストと《Summoned Lord Exodia》という英語名が存在していた。

関連カード

イラスト関連

―《召喚神エクゾディア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《召喚神エクゾディア》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 魔法使い族 攻? 守0 エクゾディア 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告