宵星の騎士(ジャックナイツ・オルフェゴール)ギルス》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1800/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「オルフェゴール」カードまたは「星遺物」カード1枚を墓地へ送る。
このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、
さらにこのターン、このカードをチューナーとして扱う。
(2):自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。
お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。

 ETERNITY CODEで登場した闇属性機械族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にオルフェゴール星遺物墓地へ送り特定条件下でチューナーとなる誘発効果星遺物トークンを生成する起動効果を持つ。

 (1)はオルフェゴールまたは星遺物カード墓地肥やしと特定条件下での自身のチューナー化。
 該当するカードには墓地発動適用する効果を持つものも多く、後述の様に様々なコンボに繋げられる。
 同じ縦列に他のカードが複数枚存在すれば自身をチューナーとしても扱えるので、(2)とコンボすればシンクロ召喚も可能。
 エクストラモンスターゾーン自分モンスターを置けば自力で条件を達成できるが、その場合はそのモンスター除去しない限り(2)は発動できない。

 (2)はお互いフィールドへの星遺物トークンの生成。
 生成した星遺物トークンとこのカードで様々なモンスターに繋がるので展開ルートは非常に多彩。
 (1)で星遺物カード墓地へ送れ《星鍵士リイヴ》リンク召喚の条件も満たせ、墓地へ送ったのがモンスターならばセットした(速攻魔法以外の)魔法カードも即座に発動可能。
 相手依存にはなるが、(1)でチューナー化に成功していれば《星杯の神子イヴ》を始めとするレベル5のシンクロ召喚もできる。
 その他、星遺物トークン《リンク・スパイダー》に変換すれば、効果モンスター縛り種族属性が異なるという縛りもクリアできる。

 相手フィールドカードが存在するようになるため、こちらの先攻ターン目における相手手札《無限泡影》をこのカードに半強制することもできる。
 先攻ターン目に発動した場合は、あえて相手ターンまで残すことで《ライトニング・ストーム》等の発動の阻害もできる。
 ただし、放置するとリンク召喚の素材やアドバンス召喚リリースに利用されてしまうため、それを嫌うのならば展開したモンスター効果戦闘で処理する事も検討できる。

 また、(2)は自分フィールドに他のモンスターがいない事が条件なので、1ターン目以外での発動は難しい。
 自分がかなりの劣勢状態ならば一発逆転を望めるが、その場合はこのカード召喚行為や効果の発動そのものを封じられる可能性が高い。
 とは言え、その手の欠点や弱点を考慮してでも後述のデッキでは大きなリターンを望めるモンスターであろう。
 《ブラック・ホール》の様な全体除去フィールドリセットできるデッキならば発動条件を満たしやすいか。

  • 相性の良いデッキ
    (1)(2)のコンボで様々な働きが見込めるが、上述したように初手に来ないと(2)の発動が難しい点は注意。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《宵星の騎士ギルス》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1800 守0 オルフェゴール ジャックナイツ

広告