招来(しょうらい)対価(たいか)/Trial and Tribulation》

通常魔法
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
このターン自分が手札・フィールド上からリリースした
トークン以外のモンスターの数によって以下の効果を適用する。
「招来の対価」は1ターンに1枚しか発動できない。
●1体:デッキからカードを1枚ドローする。
●2体:自分の墓地のモンスター2体を選んで手札に加える。
●3体以上:フィールド上に表側表示で存在するカードを3枚まで選んで破壊する。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した通常魔法
 発動したターンリリースしたモンスターの数に応じて適用される3種の効果を持つ。

 《アドバンス・ゾーン》と違い得られる効果は重複せず、3つの中から任意の効果を得るにはリリースの調整が必要となる。
 いずれかの効果を自由に選択可能といえば聞こえは良いが、【聖刻】等の展開が絡むデッキでは思うような効果が得られない場合もある。
 発動枚数の誓約効果もあるので、《超再生能力》と違い大量のアドバンテージを得るのも難しい。

 また、トークン以外をリリースしなければ適用されず、おのずと採用できるデッキも限られてくる。
 リリースといえば【帝コントロール】【インヴェルズ】だが、アドバンス召喚《冥界の宝札》や上述の《アドバンス・ゾーン》が存在する。
 【黄泉帝】に限れば《黄泉ガエル》自己再生を阻害しないものの、大抵は1体をリリースした際の効果しか適用されない。
 《強欲な瓶》と大差がなく、ドローソースに限れば《増殖するG》もあるため優先順位は高くない。
 【リチュア】等の【儀式召喚】や変わったところでは【磁石の戦士】でも3体リリース時の除去カードとして使えなくもないが、その場合でも除去のタイミングがエンドフェイズと遅すぎるのが問題となる。

 エクストラデッキから2体リリース発動条件を満たし易い《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》なら相性が良い。

 勘違いしやすいが効果でカウントされるリリースは、何も自分フィールド上からのものに限定されていない。
 自分フィールド上からではなく、自分フィールド上からリリースしたモンスターの数に応じて適用されるためである。
 これを利用すれば、【ゴーレム】では相手フィールドからリリースしつつ効果適用するといった芸当も可能となる。

  • ちなみに、公式データベースに掲載されているカード画像は1種類しかない。
  • 英語名の「Trial and Tribulation」とは「艱難辛苦(かんなんしんく)」という意味。
    困難に直面し、悩み苦しむことを表す。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズ時にこのカード効果適用される際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/05/18)

Q:エンドフェイズ時の効果適用する際に参照するリリースの数はこのカード発動する前のリリースした数も含みますか?
A:はい、含みます。(13/05/30)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》効果が、このカード効果解決時適用されている場合、エンドフェイズ適用されている場合、それぞれこのカードの『●:2枚』の効果無効になりますか?
A:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在していても、このカードの発動効果無効になりません。
  エンドフェイズに『●:2枚』の処理を行う際に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在していれば、『●:2枚』の効果無効になります。(15/08/28)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果墓地のこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/11/19)


Tag: 《招来の対価》 魔法 通常魔法

広告