昇華する紋章(オーグメント・メダリオン)/Augmented Heraldry》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上のサイキック族エクシーズモンスターは
魔法・罠カードの効果の対象にならない。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
手札から「紋章獣」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「昇華する紋章」以外の
「メダリオン」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える。
この効果を発動するターン、自分はサイキック族エクシーズモンスター
及び「紋章獣」と名のついたモンスターしか召喚・特殊召喚できない。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場したフィールド魔法
 サイキック族エクシーズモンスター耐性を与える効果メダリオン魔法・罠カードサーチする効果を持つ。

 前半の効果は、サイキック族エクシーズモンスター魔法・罠カードへの耐性を与える効果
 後半の効果の都合上サイキック族エクシーズモンスターを多用する事になるため、これらに耐性を付与できるのは心強い。
 対象をとらないものは防げず、効果モンスター効果も防げないものの、エクシーズモンスターが苦手とする《強制脱出装置》などを防げるのは優秀。

 後半の効果は、紋章獣捨てることでメダリオンサーチする効果
 墓地利用が豊富な【紋章獣】においては、手札コスト墓地アドバンテージの確保に繋がる。
 《蘇生紋章》《高等紋章術》で速やかに蘇生できる他、《紋章獣レオ》ならばハンド・アドバンテージも得ることができる。
 ただし、この効果を使用すると紋章獣またはサイキック族エクシーズモンスターしか出せないため、やや行動は制限される。

 紋章獣墓地に置きつつ、《高等紋章術》《蘇生紋章》から《No.18 紋章祖プレイン・コート》につないでおくのが基本となる。
 また、《No.18 紋章祖プレイン・コート》が苦手とするバウンスのほとんどは対象をとる罠カードなので補完性も高い。
 手札コスト《No.18 紋章祖プレイン・コート》墓地へ送られた際の効果《紋章獣ユニコーン》墓地に送れば、誓約をすりぬけて攻め手を追加できる。
 これとあわせて《紋章獣レオ》墓地へ送って《紋章獣バシリスク》サーチしておけば、戦闘破壊された場合でも反撃しやすい。
 このカードフィールドに残れば《No.8 紋章王ゲノム・ヘリター》で反撃できるので、耐性の穴のうちエクシーズモンスターによる処理にもある程度強い。

 とはいえフィールド魔法の性質上場持ちは悪く、サイキック族エクシーズモンスターでは防御もできないので、あまり依存はしないほうがよいだろう。
 特にサーチに対する《サイクロン》などの魔法・罠除去には非常に弱く、目的としたメダリオンサーチできない事でターン中のエクシーズ召喚が困難。
 ほかのカードを使ってなんとか展開しても、誓約を抜けられるものでは相手ターンでの抑止力が弱く、そのまま一気に雪崩込まれかねない。
 墓地利用に長けるとはいえ、《紋章獣レオ》以外は一度展開に成功し、下地作りができている状態でなければ機能せず、これを狙われると「手札墓地に置けるだけでも役目を果たした」とはならない。

 ただ裏を返せば、相手としても魔法・罠除去サーチのタイミングで使いたいという事でもある。
 耐性付与目当てに発動しておくだけでも有効であり、この状態ならば除去されても損害は小さい。
 先攻ターン目や相手伏せカードがない段階で素早く展開したり、疲弊している状態で《高等紋章術》などを確保しておき、普段は耐性をメインに考えて利用していきたいところである。
 「魔法・罠除去に弱い」「特定のカードに強い」という性質から、1戦目はフリーチェーン手札誘発などをメインにして相手《サイクロン》などをけん制し、2戦目でサイドデッキから投入して《強制脱出装置》などにメタを張るというのも一つの手。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《昇華する紋章》 魔法 フィールド魔法 メダリオン

広告