昇天(しょうてん)剛角笛(グレイトホーン)/Grand Horn of Heaven》

カウンター罠
(1):相手メインフェイズに相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
その後、相手はデッキから1枚ドローし、相手メインフェイズを終了する。

 ディメンション・オブ・カオスで登場したカウンター罠
 相手メインフェイズでの相手特殊召喚無効にし、相手に1枚ドローさせてメインフェイズを終了させる効果を持つ。

 特殊召喚無効にするのは《昇天の黒角笛》と同じだが、こちらはメインフェイズも終了させる。
 展開の多くはメインフェイズ1に行われ、展開しきってからバトルフェイズに移行して総攻撃するので、これ1枚でもそのターンは凌ぎやすくなる。
 また、モンスターの数は指定されていないので、複数体のペンデュラム召喚にも対応できる。

 ただし、《昇天の黒角笛》と違って相手に1枚のドローを許してしまう。
 モンスターがいなくてもバトルフェイズ自体は行う事が可能で、それを経由すればメインフェイズ2で展開を再開できるので、そのドロー次第では戦況を覆すには至らない可能性もある。
 とはいえ、特殊召喚無効化で相手ディスアドバンテージを負っている上、メインフェイズ2に入るという事はほぼ確実にそのターンは凌げているので、焦らず自分ターンで対処したい。

 メインフェイズ2に使った場合、多くのデッキは展開の後にセットを行うため、相手を無防備な状態にしやすくなる。
 しかし、既に伏せているカードには影響がなく、それまでに自分ターンで対処できないモンスターを展開されているとディスアドバンテージになりやすい。
 また、デメリットにより手札誘発モンスターを引かせてしまうと返しの自分ターンで妨害される危険性もあるため、こちらでの使用は相手と状況を選ぶと言える。

 単独でもそれなりに機能するが、このカードを使うからにはやはりコンボに使いたい。
 《魂の氷結》等でバトルフェイズごとスキップするとそのままエンドフェイズへ移行させられる。
 《端末世界》メインフェイズ2をスキップさせても同様の効果を得られるが、相手メインフェイズ1で全てを終わらせなければならないという意識を強く与えてしまうので魔法・罠カードセットしてから展開してくる可能性が高くなり思った以上の効果は出ない可能性がある。
 それらのカードも使いメインフェイズを行わせないことが目的の【チャルアイーター】であれば必須カードと言える。
 また《ヴォルカニック・デビル》《地獄詩人ヘルポエマー》のように相手バトルフェイズを行うと効果を発揮するカードと組み合わせる手もある。
 これらは《タイム・イーター》《燃え竹光》メインフェイズ1を飛ばす方が確実に発動できるが、単体でも機能するカードなので手札事故を起こしにくいのがメリットと言える。

 しかしそうしたカードはそれ以外の通常のビートダウンには入りにくい傾向があるので、劇的な効果は得にくい。
 とはいえ《ソウル・チャージ》《貪欲で無欲な壺》など自身がバトルフェイズが行えなくなるカードもあるので、相手がそうしたカードを使ったターン発動できれば大きな見返りを得られることもあるだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:メインフェイズ1でこのカード発動した場合、相手バトルフェイズにするかエンドフェイズにするかを選べますか?
A:はい、そのターンバトルフェイズに進むか、エンドフェイズに進むかを相手プレイヤーが選びます。(15/07/18)

Q:《魔妖仙獣 大刃禍是》を含むモンスターペンデュラム召喚した場合、《魔妖仙獣 大刃禍是》特殊召喚無効にできていませんが、その後の効果適用されますか?
A:はい、《魔妖仙獣 大刃禍是》特殊召喚されますが、それ以外のモンスター特殊召喚無効にして破壊できていますので、その後ドローする効果適用されます。(15/07/19)


Tag: 《昇天の剛角笛》 カウンター罠

広告