(むしば)みの鱗粉(りんぷん)/Corrosive Scales》

通常罠
(1):自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
相手はその自分の装備モンスター以外の昆虫族モンスターを攻撃できない。
(2):このカードが装備されている限り、
相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度、または相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動する度に、
相手フィールドの表側表示モンスター全てに鱗粉カウンターを1つずつ置く。
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、そのモンスターの鱗粉カウンターの数×100ダウンする。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した通常罠
 昆虫族装備カードとなり攻撃対象を制限する効果と、相手召喚特殊召喚・各種効果の発動トリガー鱗粉カウンターをばらまく効果を持つ。

 (1)の効果装備カード化と、攻撃誘導効果
 (2)の効果含めフィールドに維持しないと意味のないカードだが、装備カードになるため、このカード自身と装備モンスターのうち片方が除去されるだけで機能停止してしまう。
 攻撃誘導により真っ先に攻撃されるため、装備するならば限定的とはいえ戦闘破壊耐性を持つ《ナチュル・ドラゴンフライ》、高い打点と耐性を持つ《究極変異態・インセクト女王》などが候補となる。
 このカードを守れる《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》との相性は抜群だが、エクシーズ素材となる闇属性レベル4の昆虫族の選択肢が乏しいのが難点。
 他にはフィールド魔法と合わせ、維持は大変だが、《地縛神 Uru》に装備させることで戦闘をシャットアウトできる。
 いずれにしても、昆虫族以外のモンスターへの攻撃には影響を及ぼさないため、【昆虫族】系列のデッキ以外では採用しにくい。

 (2)の効果相手召喚特殊召喚か、効果の発動トリガーとする全体弱体化
 トリガーが緩く、殆どの行動をする度に相手モンスターはどんどん弱体化していく。
 累積すれば大きな弱体化となるが、モンスター鱗粉カウンターを乗せるため、フィールドを離れると弱体化はリセットされる。
 素材を用いて特殊召喚される大型モンスターにはほとんど鱗粉カウンターが乗らないことも有り、影響力はそこまで大きくはない。
 このカードの存在が分かっている場合、相手は展開の最後に突破できるモンスターを出すことになり、あまり大きい差を覆す当てにはしない方がいいだろう。

 いざとなったら、《超進化の繭》サクリファイス・エスケープしてしまうのも手である。

関連カード

イラスト関連

装備カードになる罠カードこちらを参照。

収録パック等


広告