(もり)狩人(かりうど)イエロー・バブーン/Yellow Baboon, Archer of the Forest》

効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻2600/守1800
自分フィールド上に存在する獣族モンスターが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在する獣族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを手札から特殊召喚する。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した地属性獣族最上級モンスター
 自分フィールド獣族戦闘破壊され墓地へ送られた時に自身を手札から特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 獣族という縛りはあるが戦闘破壊は多くの状況で発生するため、最上級モンスターであるが比較的出しやすい。
 戦闘破壊された獣族自身も除外に使える。
 自爆特攻からでも特殊召喚できるので、リクルーター《巨大ネズミ》との相性も非常に良い。
 《魔獣の懐柔》を使えば、リンク召喚シンクロ召喚等で獣族墓地へ送りつつ、自爆特攻用のモンスターを残せる。
 その際、残す1体を《キーマウス》にすればサーチを、《モジャ》《エレファン》ならサルベージができる。

 最上級モンスターとしては低めの攻撃力だが、一般的な上級モンスターの2400は超えている。
 不意打ちで出せれば返しのターンでの制圧も容易だろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの「島直樹/ロンリーブレイヴvsハノイの騎士」戦でロンリーブレイヴが使用。
    初手に2枚あり、ハノイの騎士が先攻ターン目に発動した《手札断殺》によって、《野性解放》と共に更にもう1枚がドローされた。
    結局このデュエルでは手札事故を引き起こしただけに留まっており、デュエルの決着には一切関わる事は無かった。
    「島直樹/ブレイヴマックスvs別所エマ/ゴーストガール」でも、ブレイヴマックスの初期手札に1枚存在していたが、効果発動する機会はなく持て余すのみだった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:手札からの誘発効果で、任意効果です。(11/02/03)

Q:獣族戦闘破壊され手札に存在する複数枚のこのカードの効果チェーンを組んで発動させることができますか?
A:チェーンを組んで複数枚の《森の狩人イエロー・バブーン》の効果発動できず、1枚しか効果発動させることができません。(10/09/18)

Q:自分フィールド上の獣族以外の表側表示モンスター《DNA改造手術》効果獣族になっている状態で、自分フィールド上のモンスター戦闘破壊された時、このカード特殊召喚することは可能ですか?
A:いいえ、墓地へ送られたタイミングで獣族以外の種族となるため、このカード特殊召喚する効果発動する事ができません。(10/09/23)

Q:《DNA改造手術》で別の種族になっている元々の種族獣族であるモンスター戦闘破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:いいえ、フィールド上で戦闘破壊された時点で獣族ではないので、墓地へ送られて獣族に戻っても発動できません。(10/09/23)

Q:除外コストですか?
A:コストです。(13/01/07)


Tag: 《森の狩人イエロー・バブーン》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 獣族 攻2600 守1800

広告