(もり)聖獣(せいじゅう) アルパカリブ/Alpacaribou, Mystical Beast of the Forest》

効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻2700/守2100
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する
鳥獣族・昆虫族・植物族モンスターは戦闘では破壊されない。
●守備表示:自分フィールド上に表側守備表示で存在する
鳥獣族・昆虫族・植物族モンスターはカードの効果の対象にならず、
カードの効果では破壊されない。

 ジャンプフェスタ2012(1日目) プロモーションカードで登場した地属性獣族最上級モンスター
 自身の表示形式によって、自分フィールド鳥獣族昆虫族植物族モンスター戦闘破壊耐性効果破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 自身を含めた獣族効果の対象外であり単体では活用できない。
 高攻撃力のこのカードが存在する状況での戦闘破壊耐性はあまり有効ではなく、戦闘破壊耐性を付与するだけなら《神聖なる森》を使う手もある。
 効果耐性ならばまだ活かしやすいが、守備力2100では戦闘破壊される可能性が出てくる。

 《DNA改造手術》でこのカード種族鳥獣族昆虫族植物族に変えれば、このカード自身に耐性がつき、表示形式が同じモンスターも全て耐性を得られる。
 現実的な運用としては、《ナチュル・パイナポー》との組み合わせが考えられる。
 リリース確保にも利用でき、種族変更により自身も耐性を得られる。
 【ナチュル】ならば恩恵を受けられるモンスターも多いが、昆虫族ナチュルを併用すると《ナチュル・パイナポー》自己再生を阻害しかねない。

 《忍法 変化の術》に対応しているため、《DNA改造手術》と共に【忍者】に入れることも考えられる。
 ただし、忍者耐性を付けるなら《No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー》の方が適役であり、《忍法 変化の術》で出すモンスターとしての優先度は高くない。

  • 名前の由来は「アルパカ」と「カリブー(トナカイ)」を合せたものだと思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《森の聖獣 アルパカリブ》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 獣族 攻2700 守2100

広告