森羅(しんら)仙樹(せんじゅ) レギア/Sylvan Hermitree》

効果モンスター
星8/炎属性/植物族/攻2700/守1800
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
めくったカードが植物族モンスターだった場合、
そのモンスターを墓地へ送り、デッキからカードを1枚ドローする。
違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。
また、デッキのこのカードがカードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、
自分のデッキの上からカードを3枚まで確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した炎属性植物族最上級モンスター
 1ターンに1度デッキトップカードをめくることができ、それが植物族だった場合墓地へ送りドローする起動効果カードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、デッキトップを調整する誘発効果を持つ。

 森羅の共通効果である「デッキトップカードをめくり植物族なら墓地へ送る」効果を持つが、このカードはそれに加えて植物族をめくった場合にドローできる。
 【森羅】では貴重なドローソースであり、ステータスの高さもあいまって主力モンスターとなる。

 最上級モンスターだが、植物族である為、《ローンファイア・ブロッサム》や各種蘇生カードを使う事で、展開自体は容易。
 植物族では貴重なドロー効果を持ち、オマケ程度ではあるが墓地肥やしも行えるため、モンスターカード比率の多い【植物族】ならば活躍も見込める。
 炎属性なので、《炎王炎環》《ローンファイア・ブロッサム》等と共有できる点もポイントだろう。
 同じ炎属性レベル8の《姫葵マリーナ》と合わせて《トレード・イン》のギミックを組み込め、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》軸のデッキでも採用が検討できる。

  • 名前の由来は、マメ科ジャケツイバラ亜科の落葉高木「ホウオウボク」の英語での名称「Delonix regia」だろう。
    • 英語名の「Hermitree」は、「隠者」を意味する「hermit」と「樹木」を意味する「tree」を組み合わせた造語と思われる。
  • LEGACY OF THE VALIANT ブースターズパックガイドによると、森の外からも見える真っ赤な花を付けた巨木の森羅であり、他の者と違い自分で移動する事はできないが、長年蓄えた知識で多くの助言を与えている、との事。

関連カード

―《森羅の仙樹 レギア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:めくったカードを墓地へ送る処理とドローの処理は同時ですか?順を追って行いますか?
A:同時に行われます。よって、《森羅の賢樹 シャーマン》特殊召喚効果などがタイミングを逃すことはありません。(14/02/24)


Tag: 《森羅の仙樹 レギア》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 植物族 攻2700 守1800 森羅

広告