森羅(しんら)葉心棒(ようじんぼう) ブレイド/Sylvan Bladefender》

効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻1900/守 700
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、
そのカードが植物族モンスターだった場合、そのモンスターを墓地へ送る。
違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。
(2):デッキのこのカードが効果でめくられて墓地へ送られた場合に発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した地属性植物族下級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊墓地へ送った時にデッキトップカードをめくる誘発効果と、デッキからカードの効果でめくられて墓地へ送られた場合にこのカード手札に加える誘発効果を持つ。

 前半のカードをめくる効果トリガー戦闘破壊のため、フィールドに維持することで複数回のモンスター効果の発動も狙える。
 しかし、下級モンスターとしては充分な攻撃力だが、大型モンスターが容易に展開される環境では安定して効果発動することが難しい。
 カードをめくる枚数も1枚のため、こちらの効果を目当てに採用するほどではないだろう。

 後半のカードの効果でめくられて墓地へ送られた時の効果は自己サルベージであり、墓地を経由するため《ライオウ》《手違い》にも妨害されない。
 手札に加えた後は召喚してアタッカーとしたり、《森羅の霊峰》手札コストにできる。

 森羅下級アタッカーとしては、《森羅の花卉士 ナルサス》が存在する。
 攻撃力がこちらの方が100ポイント高いが、召喚に成功した時に発動するあちらに比べるとカードをめくる効果の安定性は劣る。
 後半の効果も有用な場面はそこまで多くないため、こちらの優先度はいくらか下がる。
 ただし、【森羅】では植物族の比率を増やすことが有益であるため、そういう意味では採用価値がある。
 カードをめくる効果を利用できるかは相手デッキに依存するため、サイドデッキで調整するのも良いだろう。

  • イラストでは和服・大小二本差し・深編笠と和風の装束を身につけた浪人風の人物が描かれている。
    名前は「用心棒」と「葉」が組み合わせたものだろう。
    • 英語名の「Bladefender」は、「blade(刃)」と「defender(防御する者)」をかけたものとなっている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《森羅の葉心棒 ブレイド》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻1900 守700 森羅

広告