森羅(しんら)霊峰(れいほう)/Mount Sylvania》

フィールド魔法
自分のメインフェイズ時に手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、
植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「森羅」と名のついたカード1枚を選んでデッキの一番上に置く。
「森羅の霊峰」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、相手のエンドフェイズ時に1度だけ、
自分のデッキの一番上のカードをめくる事ができる。
めくったカードが植物族モンスターだった場合、そのカードを墓地へ送る。
違った場合、そのカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場したフィールド魔法
 デッキから森羅デッキトップ置く効果と、相手エンドフェイズデッキトップカードをめくり植物族なら墓地へ送る効果を持つ。

 1つ目の効果デッキトップを操作し、森羅効果でめくって墓地へ送ることでアドバンテージを獲得することが主な狙いとなる。
 この効果単体ではディスアドバンテージなので、コストとなる植物族は、既に効果使用済みのものや手札で腐っているものを上手く使っていきたい。
 下級森羅は無意味にフィールドに残ってしまうことも多いため、それらの効率的な処理手段にもなる。
 《森羅の隠蜜 スナッフ》は非常に相性が良く、コストにすればデッキトップに置いたカードを即座にめくることができる。
 なお、コストを要する性質上、《サイクロン》等には重々注意しておきたい。

 同時に、相手エンドフェイズデッキトップをめくる効果により、森羅効果発動機会を稼ぐことができる。
 やや遅いが、デッキトップをめくる手段が他にない状態でも1つ目の効果と合わせて能動的に発動を狙えるのは嬉しい点である。
 《森羅の守神 アルセイ》がいる場合、1ターンに1度しか使えないバウンス効果相手ターン中に使う貴重な手段の1つともなる。
 ただし、相手ターン中にこのカード除去されるとめくるはずだったカードドローすることになってしまうので、できればそれも考慮した上でデッキトップを選択しておくのが望ましい。

 フィールド魔法を3積みせずに1枚を《テラ・フォーミング》にしてデッキ圧縮を図る構築もあるが、このカードの場合にはあまり有効ではない。
 《テラ・フォーミング》《森羅の施し》ドローした場合の直後の選択肢が狭くなるデメリットがあるためである。
 相手次第ではあるが、【森羅】サーチをあまり用いないため、せっかく腐っていた相手サーチメタに使う機会を与えることにもなる。
 フィールド魔法デッキに残っていない場合に《テラ・フォーミング》腐る《真紅眼の鋼炎竜》によるダメージが増えるといった共通の問題もあり、総じて1枚に圧縮に対してデメリットが多いといえる。

  • LEGACY OF THE VALIANT ブースターズパックガイドによると、森羅を見守る神聖なる山であり、精霊たちが生まれた場所とも言われている、とのこと。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズ時のめくる効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(13/11/16)


Tag: 《森羅の霊峰》 魔法 フィールド魔法 森羅

広告