深淵の青眼龍(ディープ・オブ・ブルーアイズ)

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
自分フィールドまたは自分の墓地に「青眼の白龍」が存在する場合にしか発動できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 特定条件下でのみ効果の発動が可能となる効果外テキスト儀式魔法または《融合》サーチする誘発効果レベル8以上のドラゴン族サーチする誘発効果レベル8以上のドラゴン族全体強化する起動効果を持つ。

 どの効果も、フィールドまたは墓地《青眼の白龍》が存在する場合にしか発動できない。
 墓地も参照するため【青眼の白龍】では難しくないが、その他のデッキで使う場合には重い制限となる。
 効果そのものはドラゴン族を主力とする全般で有意義だが、この制限から実質的に【青眼の白龍】専用となるだろう。
 また、【青眼の白龍】においても初動では使い物にならないため、枚数は吟味する必要があるだろう。

 (1)は特殊召喚に成功した場合に儀式魔法または《融合》サーチする効果
 儀式魔法としては《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》儀式召喚できる《高等儀式術》《カオス・フォーム》などが候補になる。
 後者ならこのカード自身や効果外テキストによりフィールド墓地に存在するはずの《青眼の白龍》がそのままリリースに利用できる。
 《融合》の場合、墓地《青眼の白龍》では利用できず、自身を融合素材に使えるものも少ないため、儀式魔法に比べサーチする場面は限定される。

 難点として自己特殊召喚効果を持たないため、他のカード特殊召喚する必要がある。
 特殊召喚方法としては、《太古の白石》《復活の福音》などになるか。

 (2)は自分エンドフェイズレベル8以上のドラゴン族サーチする効果
 エンドフェイズと遅いもののレベル8以上のドラゴン族なら自由にサーチでき、非常に範囲は広い。
 儀式召喚するのは次の自分ターン以降になるものの(1)と合わせて《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》儀式魔法両方をサーチすることができる。

 (3)は墓地の自身を除外してレベル8以上のドラゴン族全体強化する効果
 1000の全体強化フィールドの総攻撃力を大きく上昇させることができるが、あくまで自分メインフェイズにあらかじめ発動する効果である。
 よってコンバットトリックとは異なり、自分ターンに一斉に攻め込むための効果となる。
 【青眼の白龍】が元々高攻撃力モンスターを並べられるデッキであるため1ターンキルも目指せるだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《深淵の青眼龍》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2500 守2500 ブルーアイズ

広告