真紅眼の亜黒竜(レッドアイズ・オルタナティブ・ブラックドラゴン)

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールドから「レッドアイズ」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
この方法による「真紅眼の亜黒竜」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
「真紅眼の亜黒竜」以外の自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターが「真紅眼の黒竜」の場合、その元々の攻撃力は倍になる。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 自分手札フィールドからレッドアイズ1体をリリースして特殊召喚できる召喚条件戦闘相手効果破壊された場合にレベル7以下のレッドアイズ1体を蘇生し、それが《真紅眼の黒竜》なら元々の攻撃力を倍にする誘発効果を持つ。

 特殊召喚の条件は緩く、レッドアイズ1枚のリリースで容易にフィールドに出す事ができる。
 見せるだけでよい《青眼の亜白龍》と比べ重くなっているが、《黒鋼竜》発動墓地利用の布石に繋がるため、運用上は欠点とはなりづらい。
 リリースしたのがレベル7以下なら効果蘇生も狙えるため、純粋に序盤から自身の効果の下準備をできる。
 容易に特殊召喚できることから、エクシーズ素材等に活用してもよいだろう。

 戦闘または相手効果破壊された時にレベル7以下のレッドアイズ蘇生する効果を持つ。
 この時に《真紅眼の黒竜》蘇生すれば、4800の高攻撃力モンスターとなる。
 このため可能な限り《真紅眼の黒竜》墓地に確保しておきたいが、蘇生されるとわかって相手に受動的に除去されるのは難しい。
 高攻撃力化を活かすためにも、自爆特攻で自分ターン蘇生し、そのまま追撃を狙うとよいだろう。
 なお、このカード《真紅眼の黒竜》扱いにならないため、攻撃したターンでも《黒炎弾》が使用可能であり、自爆特攻からメインフェイズ2で4800のバーンというコンボも可能となっている。

 蘇生制限さえ満たせば、蘇生等で使い回す事もできる。
 レベル7のレッドアイズなので、蘇生手段は豊富に存在する。
 相手モンスター直接攻撃時に《レッドアイズ・スピリッツ》蘇生すれば、厄介なとして機能する。

  • 原作者の高橋和希氏によってデザインされたカードであり、イラスト右側には同氏のサインが確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《真紅眼の亜黒竜》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2400 守2000 レッドアイズ

広告