真紅眼の鎧旋(リターン・オブ・レッドアイズ)/Return of the Red-Eyes》

永続罠
「真紅眼の鎧旋」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「レッドアイズ」モンスターが存在する場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した永続罠
 2種類の蘇生効果を持つ。

 (1)の効果により、フィールドレッドアイズがいれば自分ターン相手ターンに1度ずつ通常モンスター蘇生できる。
 効率よく使うには、レッドアイズフィールドに出しつつ墓地を肥やす工夫が必要になる。
 一番手っ取り早いのは《真紅眼融合》を使用する事で、《真紅眼の黒竜》扱いで融合モンスター融合召喚しつつ、通常モンスター2枚を墓地へ送る事ができる。
 《真紅眼の遡刻竜》《真紅眼の飛竜》下級モンスターな上に、レッドアイズ蘇生する効果を持つため、条件の維持に貢献しやすい。
 《E・HERO プリズマー》も、自身の効果《真紅眼の黒竜》になりつつ、《真紅眼の黒竜》墓地へ送る事が可能だが、相手ターンまで持続しないので、このカード発動可能な状態である必要がある。

 蘇生できるのは通常モンスターに限られるため、後半の効果にも対応する《真紅眼の黒竜》蘇生させてエクシーズ素材に利用したり、レッドアイズデュアル蘇生させ、再度召喚などを狙うとよい。
 《真紅眼の黒竜》フィールドに出す度に墓地《デーモンの召喚》、または《メテオ・ドラゴン》特殊召喚できるので、《EMトランプ・ウィッチ》により毎ターン融合召喚を狙ってみるのも面白い。

 (2)の効果相手除去破壊された場合の蘇生効果
 こちらはレッドアイズ蘇生ができ、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》なども蘇生が可能。
 ただし、相手によって破壊され墓地へ送られた場合に限られるため、能動的な発動はできない。
 バウンス除外にも対処できないので、あくまで《サイクロン》などへの抑止力となる効果として認識したい。

 《レッドアイズ・インサイト》との相性は抜群であり、レッドアイズ墓地へ送りつつこのカードサーチ出来る。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:ダメージステップに(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/04/25)


Tag: 《真紅眼の鎧旋》 永続罠 レッドアイズ

広告