真帝王領域(しんていおうりょういき)/Domain of the True Monarchs》

フィールド魔法
(1):自分のエクストラデッキにカードが存在せず、
自分フィールドにのみアドバンス召喚したモンスターが存在する場合、
相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分のアドバンス召喚したモンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札の攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体を選び、
そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。

 クロスオーバー・ソウルズで登場したフィールド魔法
 条件を満たしている間相手エクストラデッキからの特殊召喚を封じる効果アドバンス召喚されたモンスター強化する効果手札の特定のモンスターレベルを2つ下げる効果を持つ。

 (1)の効果により、相手エクストラデッキからの特殊召喚を封じられる。
 ただし、条件として自分フィールドにだけアドバンス召喚したモンスターが存在し、更にエクストラデッキも0枚でなければならない。
 当然この効果を使う場合には始めから特化した構築が要求されるため、デメリットを共有できる家臣帝王によるサポートは必須だろう。
 主流デッキファンデッキにいたるまで、現環境では戦力をシンクロ召喚エクシーズ召喚に頼りきっているデッキも少なくないため、上手く維持できれば相手の動きを大きく制限できる。
 とはいえ、デッキ構築に大きな制限がかかるのも事実なので、この効果を無理に狙わず(2)と(3)の効果をメインに採用しても良い。

 (2)の効果は、アドバンス召喚したモンスター強化
 手軽な条件で《一族の結束》と並ぶ高い数値の強化が得られるのは有用である。
 《タイム・イーター》のような、貧弱な攻撃力ながら戦闘破壊効果トリガーとなっている上級モンスターアドバンス召喚する意義も大きくなる。
 カードの効果に対して強い《進撃の帝王》《帝王の溶撃》と合わせれば、(1)の効果の条件維持にも貢献できる。

 (3)の効果モンスターレベルを下げる効果
 該当するモンスターでは最上級との相性がよく、必要なリリースを1体に減らせ、アドバンス召喚を容易にできる。
 最上級以外は最上級クリフォートもサポートしやすい。
 また、同一ターン中に貼り替えて再度発動する事でレベルをさらに下げる事ができる。
 実用性は低いが、《生贄封じの仮面》などによってアドバンス召喚ができなくなった時のために覚えておいても良いだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《真帝王領域》の(3)の効果によって、手札《爆炎帝テスタロス》レベルを2つ下げました。
  そのターンに、2枚目の《真帝王領域》を発動し、(3)の効果発動する場合、同じ《爆炎帝テスタロス》レベルをさらに下げる事はできますか?
A:できます。
  質問の状況の場合、手札《爆炎帝テスタロス》は、2枚の《真帝王領域》の効果の適用によって、レベルがそれぞれ2つずつ下がる事になりますので、結果的に《爆炎帝テスタロス》レベルは4になります。 (15/02/13)

Q:相手フィールドに《真帝王領域》が存在し、お互いフィールドに1体ずつアドバンス召喚されたモンスターがいます。
  自分《融合》発動し、「フィールドアドバンス召喚されたモンスター」と「手札モンスター」で融合召喚を行えますか?
A:はい、融合素材としてアドバンス召喚されたモンスター墓地に送られますが、問題なくそのまま融合モンスター融合召喚できます。(16/08/27)

Q:相手フィールドに《真帝王領域》が存在し、お互いフィールドに1体ずつアドバンス召喚されたモンスターがいます。
  《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》効果発動し、アドバンス召喚された《ジェムナイト・クリスタ》墓地へ送った場合、融合モンスター特殊召喚できますか?
A:その場合でも、召喚条件を無視してジェムナイト融合モンスター特殊召喚できます。(16/08/31)

Q:相手フィールドに《真帝王領域》が存在し、お互いフィールドに1体ずつアドバンス召喚されたモンスターがいます。
  《ヘルモスの爪》発動し、アドバンス召喚された《ジャックス・ナイト》墓地へ送る場合、融合モンスター特殊召喚されますか?
A:アドバンス召喚された《ジャックス・ナイト》墓地へ送った事で相手の《真帝王領域》の効果適用されたため、融合モンスター特殊召喚されません。(16/09/03)


Tag: 《真帝王領域》 魔法 フィールド魔法 帝王

広告