真竜剣士(しんりゅうけんし)マスター(ピース)/Master Peace, the True Dracoslayer》

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2950/守2950
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを
1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):フィールドのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつ特殊召喚する。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 1ターンに1度だけ効果の発動無効にして破壊できる誘発即時効果相手によって破壊された場合にデッキから2体のモンスターリクルートできる誘発効果を持つ。

 特殊召喚には所定の2体のモンスターが必要になる。
 《竜剣士マスターP》《竜魔王ベクターP》通常モンスターなので、《予想GUY》などの通常モンスターサポートを併用してこれらを揃えて特殊召喚するのが基本となる。
 《ドラゴニックD》《おもちゃ箱》破壊すれば、このカードサーチしつつ上記の一組を展開できる。
 この方法であれば《おもちゃ箱》を場に出す必要もないので、2枚から召喚権を残したまま特殊召喚できるのも強みであり積極的に狙っていきたい。
 また、メインデッキに入るレベル4のものは全てペンデュラムモンスターであるため、ペンデュラム召喚でも展開でき、レベル4をペンデュラム召喚できる状態であれば《竜呼相打つ》でも揃えることができる。
 リリースした竜剣士竜魔王エクストラデッキに行くため再利用も容易。

 効果1ターンに1度の万能カウンターであり、自身の除去を防げ、展開を補助しやすい。
 破壊された場合も(2)の効果で後続の竜剣士竜魔王リクルートできるため、戦線を維持しやすく、2体目の特殊召喚も狙える。
 ただし、フィールド破壊される必要があるため、《神の通告》等で特殊召喚そのものを無効にされると大きなディスアドバンテージを負う事になる。

 また、このカードが出せる状況では《剛竜剣士ダイナスターP》《昇竜剣士マジェスターP》も出せ、《竜剣士ラスターP》がいるなら《爆竜剣士イグニスターP》も出せる。
 これらはフィールドカードだけでも展開できる事から、手札事故の心配がないため、自身を手札に持ってくる必要があるこのカードは相対的に扱いにくさが目立つ。
 上記の《ドラゴニックD》を用いるか、《真竜の目覚め》を利用して召喚条件を無視して特殊召喚できる点を活かしたい。

  • 「マスターピース(masterpiece)」は英語で「最高傑作・絶品」という意味。
  • 原作・アニメにおいて―
    このカード自体は関係ないが、アニメZEXALの初代OPテーマのタイトルも「マスターピース」であり、ZEXALII(セカンド)では《マスター・ピース》が登場している。
    完全な偶然だろうが、この作品にはベクターという名前を持つキャラクターも登場している。

関連カード

―《真竜剣士マスターP》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《真竜剣士マスターP》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2950 守2950 真竜 竜剣士 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告