真竜皇(しんりゅうおう)復活(ふっかつ)

永続罠
「真竜皇の復活」の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
(1)(2)の効果は同一チェーン上では発動できない。
(1):自分の墓地の「真竜」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 マキシマム・クライシスで登場した永続罠
 真竜蘇生する効果真竜アドバンス召喚する効果墓地へ送られた場合にモンスター破壊する効果を持つ。

 (1)はお互いターンに使える使い減りしない蘇生効果であり、往復1ターンで2枚づつのアドバンテージを稼ぐ事ができる。
 ただし守備表示蘇生する上、そのターン中の特殊召喚を禁じられてしまう。
 このため、自分ターン蘇生したモンスターをそのままアタッカーエクシーズ素材に使うことはできない。

 【真竜】にはアドバンス召喚軸真竜皇軸の2つの軸があり、両者の性質は大きく異なる。
 アドバンス召喚軸特殊召喚をほぼ使わないので特殊召喚制限は痛くない反面、主力モンスターはいずれもアドバンス召喚しないとバニラになってしまう。
 《真竜凰マリアムネ》蘇生し、《ドラゴニックD》破壊してサーチ効果を使うのが主用途となる。
 真竜皇軸エクシーズ召喚を主体とするため、相手ターン中にレベル9の真竜蘇生させ、自分ターンランク9のエクシーズ素材とするのが主用途。
 自分ターンでは展開後に蘇生効果を使用し、《ドラゴニックD》破壊するかとして置いておく形となるだろう。

 (2)と(3)は真竜永続罠の共通効果であり、両者は連携した関係にある。
 (2)の効果により、相手ターン中にアドバンス召喚フリーチェーンで行う事ができる。
 この際、このカード自身を含む真竜永続罠リリースすれば(3)のモンスター除去効果発動するので、かなり自由なタイミングで相手モンスターの展開を妨害できる。
 また真竜永続魔法は同条件で魔法・罠除去を行う効果を持つため、(2)の効果リリースすれば擬似的なエンドサイクとしても扱える。
 もちろん《ドラゴニックD》破壊して(3)を発動させても良いし、相手除去への牽制としても働く。

 アドバンス召喚軸真竜皇軸のどちらでも主力サポートカードの1つとなる優秀なカードである。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《真竜皇の復活》 永続罠 真竜

広告