真竜皇(しんりゅうおう)バハルストス(フューラー)/True King Bahrastos, the Fathomer》

効果モンスター
星9/水属性/幻竜族/攻1800/守3000
「真竜皇バハルストスF」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、
水属性モンスター2体を破壊した場合、
相手のフィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから水属性以外の幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した水属性幻竜族最上級モンスター
 自身を特殊召喚する起動効果とそれに付随する除外効果効果破壊された場合に水属性以外の幻竜族リクルートする誘発効果を持つ。

 真竜に属し、炎・水・地・風属性に1体ずつ存在する「真竜皇(凰)」の1体である。
 これら4体に共通する扱い方や、共通効果である(1)の効果の前半部については、《真竜皇アグニマズドV》を参照。
 このカード「真竜皇(凰)」の中で最も守備力は高いが、攻撃力下級アタッカー並と低い。

 (1)の効果の前半部、水属性2枚を破壊した場合に適用される固有効果は、魔法・罠カードを対象を取らず2枚除外するという強力な魔法・罠除去である。
 手札発動する効果なので《スキルドレイン》をどかせる上に、このカード発動しようとしていた《奈落の落とし穴》等を除外できる可能性もある。
 属性が分散している【真竜】では《真竜皇V.F.D.》の助けなしには狙いづらいが、【水属性】系のデッキに採用する場合はむしろこの効果がメインとなる。

 (2)の効果幻竜族リクルート
 「真竜皇(凰)」の(1)の効果発動してこのカード破壊して特殊召喚し、その後このカード効果で別の「真竜皇(凰)」リクルートすれば、即座にフィールドに2体のレベル9が揃う。
 【真竜】の切り札である《真竜皇V.F.D.》エクシーズ召喚を非常に狙いやすいので、【真竜】では積極的に破壊したいカードである。

 【ガエル】では《魔知ガエル》サーチ効果《引きガエル》ドロー効果を能動的に使用する事ができる。
 ガエル側の発動条件の都合上1度フィールドに出さなければならず、召喚無効系のカウンター罠などで妨害もされやすい。
 だが、(1)の魔法・罠カード除外する効果を含む全ての処理を行ってもタイミングを逃さずに発動する事ができ、いち早く《鬼ガエル》手札加えることができるようになる。
 また、(2)の効果を踏まえ《イルミラージュ》を採用する事で、《餅カエル》の打点を間接的に強化する事ができる。
 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》出張セットを採用すれば、《イルミラージュ》レベル属性シナジーしている点も見逃せない。
 ただし、モンスターゾーンに存在するこのカード自体はにしかならず、どかす手段も《鬼ガエル》に限られてしまう。
 加えて、その《鬼ガエル》墓地を肥やすために自身の効果《鬼ガエル》自身を手札に戻していることも多い。
 過剰な採用は上記の《イルミラージュ》と共にフィールドの圧迫や手札事故の原因になるので、採用枚数はよく考えておきたい。

  • カード名の由来は「バハムート」+「クリストス」だろうか。
    「クリストス」とは「キリスト」のギリシア語読みである。
    また、「バハル(bahr)」とはアラビア語で海という意味である。
    「千夜一夜物語」において、キリストはバハムートと遭遇しているが、バハムートが体から発する光に目が眩み直ぐに気絶してしまった。
    だが彼が三日三晩経って意識を取り戻した時、バハムートの巨体は未だに彼の前を通過している最中だったという。
  • 「フューラー」はドイツ語で「指導者」を意味する単語だが、今日ではもっぱらアドルフ・ヒトラーの役職名(日本語訳は「総統」)として知られる。
    英語圏でこの単語を使うのはマズいようで、英語名では「Fathomer(深さを測る者)」に変更されている。
  • モチーフは「ヨハネの黙示録」に登場する3体の獣のうちの1つである「の中から上って来る十本の角と七つの頭を持つ獣」だろう。

関連カード

―《真竜皇バハルストスF》の姿が見られるカード

このカードリクルートできない水属性幻竜族

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《真竜皇バハルストスF》 モンスター 効果モンスター 星9 水属性 幻竜族 攻1800 守3000 真竜

広告