(かみ)桎梏(しっこく)グレイプニル/Gleipnir, the Fetters of Fenrir》

通常罠
自分のデッキから「極星」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 STORM OF RAGNAROKで登場した通常罠
 デッキから極星1体をサーチする効果を持つ。

 極星を全てサーチでき、使い勝手がいい。
 《極星霊ドヴェルグ》《極星霊リョースアールヴ》手札に加えれば、更なる展開やシンクロ召喚が狙える。
 また相手攻撃宣言時に発動し、《極星獣タングニョースト》手札加えることで、効果も使いやすくなる。
 《極神皇ロキ》サルベージすれば他の極神も出しやすくなる。

 しかし、罠カード故に速効性がないのは悩み所。
 エンドサイク《ナイト・ショット》によって発動すらできない場合や、《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》等に無効化される場合がある。

  • 「桎梏」とは、「桎(足かせ)」と「梏(手かせ)」から転じて、人の行動を厳しく制限して自由を束縛するもののことを表す。
    また、「グレイプニル(グレイプニール/Gleipnir)」とは、北欧神話に登場する魔法の紐(足枷)のこと。
    フェンリルを捕縛するべくドウェルグによって製作され、テュールによってフェンリルに繋がれた。
    材料として使用された猫の足音・女の髭・岩の根・熊の腱・魚の息・鳥の唾液は、そのためにこの世から無くなったとされている。
  • アニメではこのカード以外にも《神の呪縛レージング》と《神の束縛ドローミ》という罠カードが登場している。
    いずれもチーム・ラグナロクの面々が使用したカードで、幻神獣族に関する効果を持っている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《神の桎梏グレイプニル》 通常罠

広告